« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月23日 (日)

Driving Music

発売前日にCDが店頭に陳列されている情報に心が乱れたり、アマゾンからの到着予定日のお知らせが発売日翌日になっていたりとじりじりしつつ無事発売日に「Driving Music」を入手。
ありがとうアマゾンさん、クロネコさん。
アルバムに対する期待値はフライングゲット相当だったのだけど、野音の物販の行列に並ぶ気力がなかった。

で、「REALLY, SEE THE LOVE」、「雨粒にKissをして」、「Night Bird」、「眠れぬ夜に~I Miss You」が特にお気に入り。
通勤中にヘッドホンで聴くことが多いけど、休日にスピーカーで流して聴くといっそう心地よい。

「REALLY, SEE THE LOVE」は4月のHalf & Halfで「GSっぽい」と言ってた曲。
出だしはそんなにGSっぽさはないかなと思ったけど、間奏のギターはがっつりGSでニヤリ。でもGSよりも微妙に洗練されている。
「雨粒にKissをして」はメロディもアレンジも「これぞAOR」。
「眠れぬ夜に~I Miss You」はかめばかむほど味が出る曲で、曲調もアレンジも全部好き。一番ヘビーローテーションしているかも。
ボーナストラックの「真夏のイノセンス」がアルバム用の書き下ろしといわれても納得できそうなくらい違和感がない。

そして待っていました、ボーナストラックの「Purple Rain」。
ボーカルはもちろん楽器のアンサンブルが素晴らしい。出だしのギターの素敵なこと。
杉山清貴のアコースティックギターと高瀬順のピアノは鉄板の組み合わせだと思う。
収録してくれて感謝。
葛飾版「天国への階段」、大阪野音の「If I Fell」(Sugi Rock版でも)、「また逢う日まで」もお願い。


ボーカリスト杉山清貴の類まれな美声と声のコントロールを維持(進化?)しているのは海を中心にした生活によるところが大きいけれど、ソングライターとして海や自然を歌にするととかく曲調が大らかあるいはシンプルになりがち。
一曲二曲ならいいけど、そういう曲ばかりになると飽きてしまうし、作りこんだポップな曲も聴きたいし。
プロデューサーを立ててボーカリストに徹したアルバムというのは大歓迎です。
それだけの声と技術があるわけだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月22日 (土)

時事ネタ

上西小百合議員、サッカーのサポーターとクラブを挑発しているけど、議員としての仕事はどうなってるの。
比例当選の議員が離党した場合は速やかに議員資格を剥奪すべくルール変えろ、というか、比例代表制が出来た時点で最初からそうなっていると思っていた。
しかも、党を除籍された理由が「国会をサボって旅行した」だし。


今まで政治に興味がなさそうだった芸人やタレントが政治関連のコメントをするのがこのところ目に付く。
ものすごく無自覚に印象操作に加担している。
多少であっても自分なりに関心を持って情報をチェックしたうえでならまだしも、テレビのみの知識で番組スタッフが作ったVTRを見て感想を言うだけなら発言しなくていい。いえ、するな。


主人公がかつての恋人が住む建物の前にゴミ箱の中身を撒き散らして大声で彼の名前を叫ぶ、という場面が映画「カミーユ・クローデル」にあるけど、お掃除棒の人が今やっていることってこれだよね。
映画とは立場もそこに至る過程もいろいろ違うけど、同じなのは誰よりも自分自身を一番傷つけているということ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

35周年

BSプレミアムでスタレビ35周年ライブを録画・視聴。
スタレビの魅力は演奏力と根本要のボーカルだと思っているので、「他の人のヒット曲を演奏する」というのは好企画。

スタレビメインのコーナーで全員が一曲歌っていて驚いた。
単独ライブを開催できるレベルの歌唱力ならともかく、メインボーカル以外のソロボーカルってこれに限らず誰得って思う。
演奏とコーラスを聴かせてくれるだけでいいのに。
そういえば掲示板にスタレビのスレッドが立つと「スタレビは全員ソロで歌える歌唱力がある」と書き込む人があらわれるのが不思議です。
けなすよりは褒めるほうがいいけど、あまりハードルを下げると、本当に歌が上手い人のことはどう褒めるのかって思う。十把ひとからげでは失礼だし。
「スタレビはコーラスが上手い」なら同意します。

「木蘭の涙をアコースティック版を勧めたのは小田和正」ということが根本要によって語られ、以前ネットで見かけて真偽を確かめたいと思っていた情報が本当であることを確認。
余計なことをって感じ。
それによってスタレビは「名刺になる曲」は手に入れたけど、バンドのアイデンティティが曖昧になってしまった。
スタレビが小田和正と初共演した時、周囲は喜ぶファンが多かったけど、傾倒の度合いが強かったことが個人的にはひっかかったものだった。
腰が低いのはいつものことだけど、かすかに卑屈さを感じてしまったというか。
音楽的にはまったく別のジャンルという感覚だったし、その共演までスタレビがリスペクトする対象としてオフコースや小田和正の名前が挙がったことはなく、背中を追うのなら別の人だと思っていた。
音楽のルーツやリスペクト対象が共通な誰か。
共演者・ゲストの曲をスタレビが演奏するというのはオダレビに端を発しているので(と記憶している)、その点では意味がなかったわけではないけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

酷暑の海の日

海の日は酷暑のため夕方まで室内でAXNミステリーの名探偵ポワロを見て過ごす。
クリスティの比較的後期のポワロものって、原作はあまり好みじゃないものが多いけど、ドラマは面白い。
「鳩の中の猫」は脚本がマーク・ゲイティス。シャーロックのマイクロフトですね。
「第三の女」はゾーイ・ワナメイカーのオリヴァ夫人が素敵。
脚本と俳優の力ってすごい。

マーク・ゲイティスはゲイであることを公表しているけど、英国のテレビはそれが障害にならないところがうらやましい。
50年前までは日本よりもずっと厳しくて法的な制裁さえあったから、ここまでくるのは平坦ではなかっただろうけど、めざましい進歩。
日本は比較的寛容だったけど、社会的な偏見はまだ根強い。
英国なら成宮君がセクシャリティの報道の仕方が原因で引退に追いこまれることはなかっただろうに。

昼間はずっとCSを見ていたけど、CMの時間帯に民放を見るとお掃除棒と2時間ドラマの帝王の話題。
面白がって取り上げているけど、事件だったら名前を伏せるケースじゃないのか。
相変わらず面白がっていいものとそうじゃないものの基準をわかっていない。
で、批判されると過剰に自粛、と。

それと内閣支持率のニュースの頻度がこのところやけに高い気がする。
こんなに頻繁に調査するものだっけ。
批判すべき点を批判するのはいいけど、マッチポンプと報道しない自由はいい加減やめてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

日比谷野音2017

杉山清貴の日比谷野音ライブに行ってきました。
開場待ちの時間、暑いので噴水広場のイベントの屋台で買ったモヒートを飲んでいるとリハーサルの音と小音楽堂のラテン音楽が混ざってカオスに。
イベントはペルーナショナルフェスティバルだそうで、でもガパオライスとかドネルケバブなどの屋台もあり、そういうところもカオス。
そういえば音楽もフォルクローレじゃなかったし。

そしてライブ。
夏らしい天気に夏の曲。
「Driving Music」からの「雨粒にKissをして」、めちゃめちゃカッコいい。
リハーサルの音を聴いていて、すごくロックっぽいと思っていたら、本番は本当にロックだった。
新しいメンバーの演奏、勢いがあって良かったです。
若手のバンドはいろいろあるけど、こういうサポートでアラフォー以下の世代を見る機会がないので、杉山清貴の楽曲を楽しげにガシガシ演奏している姿に胸が熱くなる。
ちゃんと音楽が受け継がれているんだーと思って。
ゲストの南佳孝と杉山清貴の場合は、継承といううよりは年の差を越えた共有って感じだけど。
いぶし銀の渋いプレイも、若手の溌剌とした演奏スタイル、どちらも好き。
今回は「If I Fell」で手拍子が起こらなかったのでホッ。

アンコールのサプライズゲストはくまモン登場。
前から主張していることですが、くまモンはマスコットであってゆるキャラじゃないと思う。
ゆるキャラと呼ぶには完成度が高すぎると思う。

----------
セットリスト(追加しました)
1.Break through summer
2.もっと空へ
3.夏の光~永遠の少年たちへ
4.由比ヶ浜。君と・・
5.Heart of the sea
6.夏からの手紙
7.あの夏の君と
8.Umi-dori upon a sky
9.Sunset Lanai Bar
10.Feel so sweet

~スペシャルゲスト 南佳孝~
11.If I fell (The Beatles)
12.Baby's in black (The Beatles)
13.Nostalgia

14.彼方からの風
15.Inspiration
16.真夏のInnocense
17.雨粒にKiss をして
18.Transit in summer
19.illusion を消した夜
20.夢の在処
21.渚のすべて
22.Rock Islands
23.This is life
24.Livin’in a paradise
25.The dream
~ENCORE~
くまモン登場「くまモンサプライズ」
1.さよならのオーシャン~ふたりの夏物語~さよならのオーシャン
2.ASPHALT LADY

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 8日 (土)

錦織、ウィンブルドン16強ならず

芝のコート向きの選手ではないし、負けたのは仕方がない。
ただ、以前は錦織の試合と言うと、負け試合でも見ていて楽しかったのに、このところは見るのが辛い。
しかも、勝てないのはグランドスラムだけではないし。
それと、2014年だったか、ナダルに負けた後にシャワーを浴びながら号泣と語っていたけど、このところ、そういう強い感情の発露がない気がする。
試合中はラケットに当たるくらいフラストレーションがあるのに、中途半端にポジティブ。
時には泣くほど悔しがることも必要なんじゃないのかな。

誰と付き合おうが自由だし、その結果は本人が負うのだし、と思っても、期待の大きさと最悪の場合の失うものの大きさを思うと心配せずにはいられない錦織の彼女問題。。
付き合う女性の選択も込みで実力のうち・・・と言い切れればいいんだけど、そうはいってもグランドスラムに一番近い、手の届きそうなところにいる日本人選手が錦織圭なわけで、プライベートが原因で調子を落とすのは見るにしのびない。
他のトップ選手が万全を期して試合に臨んでいる中で、錦織が自らハンデ付けることはないと思うのですよ。

噂の彼女って、錦織絡みの記事には芸名で出てくるけど、そのわりにグラビアやプロフィール写真すら出てこないから芸能人としての実績は皆無と思われる。
芸能界でそこそこ仕事をしている人なら、少なくとも仕事のスケジュールに合わせて体調・体型を整えることができるわけだし、加えて女優なら演技力とシナリオを覚える知性、タレントや芸人は機転を求められる。
そのどれでもない存在を芸名で報道する意味ってあるんだろうかと思う。
まったくの無名だからトロフィーワイフにさえなれないわけで、余計「なんでこの子と?」という気持ちになる。
マッケンローとアガシも最初の結婚はうまくいかなかったけど、テイタム・オニールもブルック・シールズも世界的な知名度があったわけで、少なくとも「誰それ?」では絶対なかった。
その後のアガシはグラフの内助の功もあって活躍したけど、個人的にはグラフにはもっと現役を続けてほしかったりした。
閑話休題。
錦織の彼女は芸能界以外の仕事もしていないようで、日常の雑務の手伝いすら望み薄。
そういう、どの世界でもまともな仕事らしい仕事をしてこなかった子にスポーツ選手のパートナーなんて到底無理。
いっそ計算高いとかなら、自分にとっての損得を考えられるし、錦織が調子を落としたら自分にとってマイナスだとわかるから、少なくとも足を引っ張らないくらいの行動をとれるはず。
まあ、家事が苦手とかいうのは人を雇ってもいいんだし、当人同士が納得していればいいことだから。
でも、練習をさぼらせたとか、試合前に買い物に連れまわしたといった話が事実だとしたら、損得すら考えられないレベルと思われる。
体調管理その他に気を使ってサポートしても、選手が成績不振になれば妻なり恋人なりは非難されたりするのに、明らかに足を引っ張っておいて、もしもランキングが落ちたりしたら戦犯扱いで非難されないはずはないけど、そこのところをわかっているのかな。
ただでさえ家族にもチームにも総スカンで、この先どうするつもりなんですかね?
ひきずられる錦織が一番悪いけど、足を引っ張る彼女も一体なんのためにプロテニス選手と付き合っているのかと思う。
・・・って、そういうことをまともに考えられないから現状に至っているのか。

錦織って、以前はブログに試合の分析とか反省を楽しそうに書いていたのに、今の彼女と付き合いだしたくらいからブログの回数が激減している。
一度自分の過去のブログを読み返してみたらどうだろうか。
それと、週一ぐらいでブログを書くようにしてみたら。
試合を振り返って、他者に伝えるべく文章にするというのは気持ちを整理するのに有効だし、以前と同じように自分と向き合えるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 2日 (日)

都議選2017

都民ファースト圧勝、自民大敗という結果。
自民党は大臣の失言とかいろいろあったけど、大敗の原因はそこではなく、去年の都知事選の候補者選定のゴタゴタ、小池都知事に対する都連の幼稚で失礼な対応に端を発していると思う。
自民党自体は支持していても、自民都連のドン一派に対する反発は強かったから。
あの時点で彼らに毅然とした対応をしなかったことが自民党執行部の失敗だと思う。

おおかたの有権者には言わずもがなだけど、またマスゴミが世論を誘導しようとしているので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 1日 (土)

キャンプで焚き火

南佳孝の「Blue Nude」とTakibi隊の「Camp」を購入。
「Blue Nude」は「雨に微笑を」をiTunesで買っていたのだけど、iTunesだといろいろ制限があるので、この際CDを買ってしまえと。
「Camp」はTakibi隊の演奏で洋楽カバーアルバムがあるじゃないか、それなら買わねばということで。
「What's going on」とか「A Whiter Shade of Pale」とか、以前から杉山清貴とカバー曲の選択に共通点があったのね。
ライブでは何度も聴いているけど、杉山清貴が歌う「A Whiter Shade of Pale」の音源も欲しいと改めて思った。
「Groovin'」はずっと山下達郎版を聴いていたけど、南佳孝版もいい。日なたの匂いがする感じ。
カバーじゃないけど、「スローなブギにしてくれ」もめちゃめちゃカッコいい。
「スローなブギにしてくれ」は他の人のカバーもいいなと思うけど、「モンローウォーク」は南佳孝の歌で聴きたい曲。
ま、「セクシーユー」とかありますが。

「What's going on」のMother, motherの部分に「まだ、まだ」と詞を付ける杉山さんのセンスは「Gold Finger99」でLivin' la Vida Locaを「燃えてるんだろうか」と訳詩した康珍化みたいで好きだし、アコースティックライブの「世界の終り」の日本語詞も原曲を生かして良かった。
でも、どちらの曲も英語で歌うほうがより好きです。
今回のアコースティックライブで洋楽カバーを日本語詞にしたのは英語が苦手な人への配慮だったけど、英語で歌うのを聴きたい人もいるのです。
っていうか、洋楽カバーの名手のファンが英語の曲が苦手って、もったいない話だと思う。
杉山清貴のファンの世代って、洋楽MTV全盛期を過ごした人が多いはずなのに。
その点、昔のスタレビファンって、要さんがラジオで紹介した洋楽CDを片っ端から買う人がいたりして、素直ではあったな。今は知らないけど。

今年の日比谷野音のゲストが南佳孝ということで楽しみですが、もしも「If I Fell」を歌うことになっても、手拍子は絶対やめてください、お願いします、このとおりです、手拍子向きの曲じゃないんです。。。と心の声。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また時事ネタ

バニラエアの件で思うこと。
健常者だって個々の事情があるから、日々いろいろと検討し取捨選択しながら行動している。
航空会社選びもそう。
以前から感じていることだけど、一部障害者の人って、健常者が受け得るサービスをすべて網羅できないと気がすまないのかなと思う。

以前、G1レース開催日に競馬場の車椅子スペース近くにいた時のこと。
G1レースの日の、しかもメインレース近くにもなると競馬場のスタンドは非常に混雑する。
そんな中、車椅子と付き添いの人が何度も馬券売り場と車椅子スペースとを、人波を平然とかきわけながら往復していた。
G1レースって、健常者もレースを観戦する位置の確保と混んだ中での移動を避けるべく、メインレースの一つか二つ前くらいのレースから馬券をまとめて買ったりする。
連れがいればどちらか一人が買いにいったり。
車椅子はスペースは確保されているとして、自分が移動することによる迷惑とかを気にしない様子を見て、障害者に対する印象が変わってしまった。
「自分にはレースごとに検討して馬券を買う権利がある」って感じだったのか。
それにしたって、付き添いの人に頼むとか、方法はあったと思うけど。

---
日欧EPA、日本側が関税9割超を撤廃の方向
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20170625-OYT1T50015.html

「EUで生産が豊富なチーズなどの品目については、国内の酪農家を保護するため、できるだけ関税撤廃を見送りたい考えだ。麦など関税を維持するのが濃厚な品目もあり、農産品については関税の撤廃割合を8割程度にとどめる方向で検討している。」
えーーー、チーズを安くしてほしいのに。
せめて国内の生産者が少ないヤギのチーズだけでも撤廃してほしい。
(競合するほどヤギのチーズの生産者がいるなら、もっと容易に入手できていいはず)

---
公用車での保育園送迎についても、何が問題なのかと思う。
舛添前東京都知事の別荘通いと同一視して問題にしている人がいるけど、全然違うでしょ。
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170630-OHT1T50079.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ExcelとWordについてのつぶやき

神Excel消極的肯定派?の意見を見ていて、複雑な表はWordよりもExcel方眼で作るほうが楽というのがあった。
それと、紙データとして扱うなら問題なしという意見も。
Excelで帳票を作りたくない理由のひとつが印刷イメージと印刷結果のズレなのだけど。
行送りとか罫線と文字の間隔とかExcelは任意に設定できないし。
Wordで大まかなセルを設定してから、必要に応じてセル分割すれば、Excelでいちいちセル結合するより楽だと思う。

方眼はNGだけど、入力~取込みに使うフォームに関しては、見出し以外のセル結合もある程度はしかたがないかなとちょっとだけ譲歩。
出力するだけならWordで差し込み印刷するほうが良いんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »