« また時事ネタ | トップページ | 都議選2017 »

2017年7月 1日 (土)

キャンプで焚き火

南佳孝の「Blue Nude」とTakibi隊の「Camp」を購入。
「Blue Nude」は「雨に微笑を」をiTunesで買っていたのだけど、iTunesだといろいろ制限があるので、この際CDを買ってしまえと。
「Camp」はTakibi隊の演奏で洋楽カバーアルバムがあるじゃないか、それなら買わねばということで。
「What's going on」とか「A Whiter Shade of Pale」とか、以前から杉山清貴とカバー曲の選択に共通点があったのね。
ライブでは何度も聴いているけど、杉山清貴が歌う「A Whiter Shade of Pale」の音源も欲しいと改めて思った。
「Groovin'」はずっと山下達郎版を聴いていたけど、南佳孝版もいい。日なたの匂いがする感じ。
カバーじゃないけど、「スローなブギにしてくれ」もめちゃめちゃカッコいい。
「スローなブギにしてくれ」は他の人のカバーもいいなと思うけど、「モンローウォーク」は南佳孝の歌で聴きたい曲。
ま、「セクシーユー」とかありますが。

「What's going on」のMother, motherの部分に「まだ、まだ」と詞を付ける杉山さんのセンスは「Gold Finger99」でLivin' la Vida Locaを「燃えてるんだろうか」と訳詩した康珍化みたいで好きだし、アコースティックライブの「世界の終り」の日本語詞も原曲を生かして良かった。
でも、どちらの曲も英語で歌うほうがより好きです。
今回のアコースティックライブで洋楽カバーを日本語詞にしたのは英語が苦手な人への配慮だったけど、英語で歌うのを聴きたい人もいるのです。
っていうか、洋楽カバーの名手のファンが英語の曲が苦手って、もったいない話だと思う。
杉山清貴のファンの世代って、洋楽MTV全盛期を過ごした人が多いはずなのに。
その点、昔のスタレビファンって、要さんがラジオで紹介した洋楽CDを片っ端から買う人がいたりして、素直ではあったな。今は知らないけど。

今年の日比谷野音のゲストが南佳孝ということで楽しみですが、もしも「If I Fell」を歌うことになっても、手拍子は絶対やめてください、お願いします、このとおりです、手拍子向きの曲じゃないんです。。。と心の声。

|

« また時事ネタ | トップページ | 都議選2017 »

音楽(Popular)」カテゴリの記事

音楽(杉山清貴)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49211/65480650

この記事へのトラックバック一覧です: キャンプで焚き火:

« また時事ネタ | トップページ | 都議選2017 »