« Driving Music | トップページ | 音楽と私 »

2017年8月 8日 (火)

モデルを名乗るな、呼ぶな

錦織の彼女、初めて動いている絵を見たけど、悪女というよりは頭の悪い中学生って感じ。
本当に悪女なら身近な人たちに取り入る努力くらいはするだろうから、まだマシなのに。
錦織の調子が良かったとしても、家族にしたら素行の悪さで芸能事務所をクビになった女の子なんて反対だろうに、後味の悪い負け方が増えているわけで。
家族だけでなく、日本での悪評が耳に入りにくい外国人のコーチ陣にまで嫌われるというのがね。
過去の経歴だけでなく、現在進行形でダメなんだろうと。
で、動画を見てちょっと驚いたのが白地の水玉のトップスに紺の水玉のぶかぶかパンツというコーディネート。
上下に色違いのドットを組み合わせるセンスって。。。
バランスのよくない歩き方から、芸能界の仕事にまともに取り組んでこなかったことがうかがえた。
あの歩き方とセンスでモデルを名乗っていることを、他のモデルは怒ってもいいと思う。
ウォーキングや体のメンテナンスに気を使っているプロに失礼。

映画「プリティウーマン」では、コールガールのヴィヴィアンはエドワードに恥をかかすまいと必死で、その様子に心を動かされたホテルの支配人がそれとなく助けてくれたけど、そういう気づかいをしなさそうなのが今の悪評になっているようで。


話は変わって、座長のトリビュートメドレーをゲストスケーターに滑らせるという企画のジャイアンぶりはさておいて、YouTubeで小塚のステップを見て「鐘」が素晴らしいプログラムであることを知りました。
今まで気づかなかった。
スケーティング技術と音楽に合致していることって重要なんだな。
前から思っているけど、スケートも振付のコピーとかカバーがあってもいいのに。
演じる人が変わるとどんなふうに変わるのかとか興味深い。


浅田舞が「ブラックスワン」を滑ったそうで、冬のショーのテキトー感満載のプログラムと比べるとスケーターとして欲が出てきたのだろうか。
スケーターを名乗る以上、表現する欲が出たことはいいことなんだけど、過去の言動を思うとちょっと複雑でもある。
嘘八百の暴露話などをしなければこんなふうには思わないのに。
選んだ曲がブラックスワンというのも、彼女の不自然な持ち上げ記事と呼応するように中傷記事を出されていた元世界女王に対して、やはり含むところがあったのかと思えなくもない。

|

« Driving Music | トップページ | 音楽と私 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49211/65640385

この記事へのトラックバック一覧です: モデルを名乗るな、呼ぶな:

« Driving Music | トップページ | 音楽と私 »