« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月 3日 (日)

アコースティックライブ in 大手町よみうりホール

大手町よみうりホールの杉山清貴アコースティックライブに行ってきました。
地下鉄からホールに行く途中に迷いかけて、一時は通勤駅だったというのに大手町の地下はまだまだ魔境。

早い秋の訪れに不貞腐れながら(笑)、ライブはパワフルでした。
毎度のことながら、ピアノとギターでここまで幅広く表現できるなんてすごい。
アンコールはベースも加わってさらにパワフル。
MCの老眼トークには笑ってしまった。杉山さんの要さんの真似が上手いです。

前回も「この選曲好き」と思ったけど、変更を経てさらに好き。
ライブCDを出して欲しいと思うくらいです。
ニューアルバムの「Night Bird」を高瀬順のピアノで聴きたいと思っていたので、希望が叶ってうれしい。

曲目に変更があった分、カバー曲がなくなっていたのがちょっと残念だけど、これはないものねだりというものだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SSK in 宇都宮

SSK in 宇都宮に行ってきました。
駅と会場が離れているのがちょっと心配だったけど、バスの運行がスムーズ。
臨時バスも運行していて帰りの新幹線に余裕で間に合った。
日帰りライブ圏がまた一つ。
バスでICカードが使えるともっと良かったけれど。

ライブ前は餃子を食べて二荒山神社と宇都宮城址を観光と、久しぶりに「ライブwith観光」を満喫。

Toilet


Utsunomiya_futara


予定外というか想定外だったのが暑さしのぎに駅で食べた苺と練乳のカキ氷。
ふわふわカキ氷が人気なのはテレビ等で知っていたけど、ほんとに美味しい。
そして栃木県の苺の美味しさを再認識。

ライブは選曲がこれまでと変化していて、SSKの新局面というと大袈裟か。でも、そんな感じ。
要さんの声と歌い方が戻ったので未知の曲も素直に耳に入ってくるんですよ。
「昔話を繙くように」が良かったので帰宅後iTunesで視聴してみたけど、まだ歌い方に気になるところがある。
スタジオレコーディングよりライブのほうがいいのは以前もそうだったけど、三年前はまだ今の歌い方じゃなかった。
本当にここ最近で急激に戻ったような。

杉山清貴も曲目に変化があって、スタレビの演奏で「KONA WIND」を聴けるとは思わなかった。
それから、今回の「ふたりの夏物語」のベースがなんだかすごくカッコよかったです。
「木蘭の涙」も柿沼さんのベースが入ったバージョンが聴きたいんですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消極的擁護

「暴力はよくない」は正論だけど、じゃどうすれば良かったのかというと答えは思いつかない。
日野皓正のビンタの件です。
トランス状態に入ってソロを弾き続けるというのは最近行ったライブでもお馴染みのネタ。
ネタの場合は肩を叩かれて我に帰るというお約束の演出がされているけれど、ネタでなく、肩を叩いても、それどころかスティックを奪っても止めない場合どうすればいいのか。しかも相手は子ども。
放置したら放置したで収拾つかなくなるし、後になって他の出演者の不満やら憎悪が燻ることになったんじゃないか。
だから暴力を肯定することには抵抗を感じつつも、止めさせたことに対しては消極的擁護にならざるをえなかったりする。
こうなるとわかっていれば屈強のプロレスラーでも呼んでおいて抱えて連れ出したりもできるけど、突発的な事態だし。

で、これを記事にした新潮も文春も揃って「放火体質」であることがよーくわかった。
有名人の足を引っ張りたいあまり中学生に及ぼす影響を無視している。
なんでそっとしておけないのかな。


女優の結婚ニュースに対してスポンサーがーとか次の仕事がーとかの視点で批判するコメントを目にすることが増えているけど、妙に業界の事情を忖度する人が増えていることに違和感。
そういうのって業界の人が考えればいいことだと思うのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »