« 2日目はバイヨンヌ | トップページ | 4日目はメドックの秋 »

2018年7月12日 (木)

3日目はポワティエ

三日目はポワティエへ。
今回は券売機で切符を購入。
数字のヒアリングによる混乱を避けるためですが、うん、券売機の操作は会得した気がする。
なお、券売機では最初に表示されるメニューで「Pas de reduction」(割引なし)を選択するのがポイント。
いくつか割引メニューがあるけどカードが必要だったりと旅行者には関係ない。
ここから後は人数とか行き先とか時間の指定です。

ポワティエはパリ-ボルドー間のTGVの窓から見ると渓谷みたいに見えるところで、切り立った崖の上に立ち並ぶ家々を見て地形に興味を持った街。
歴史的にはアリエノール・ダキテーヌの宮廷があったところで、トゥール=ポワティエの戦いの舞台でもあります。
ポワティエの駅は谷底の位置にあり、旧市街へは坂や階段を上っていくのだけど、中腹まではエスカレーターで行くことができる。

Bordeaux_2017__5 Bordeaux_2017_20


ペデストリアンデッキをぬって行くところが生駒の駅前にちょっと似ている。
Office Tourismeの矢印を追いながら旧市街に到着すると、芝生となにやら趣きのある中世の建物が。

Bordeaux_2017__9


学生とおぼしき若者がベンチでランチしていたりと公園?と思ったら、後で、これこそが一番見たかったポワチエ伯の宮殿だと知りました。
ウィキペディアの写真が思いきり広角だったのでもっと広いところにあるのかと思った。

観光案内所に地図をもらいにいくと見所に印をつけてくれた。
川まで一キロほど歩いてくだり、再び坂を上がるルートです。
風情のあるジュベール橋(そういえばポワチエはブライアン・ジュベールの出身地)。

Bordeaux_2017__10


Bordeaux_2017__11

観光案内所前のノートルダム・ラ・グランド教会の内部。
Bordeaux_2017_16

どことなく柱に幾何学模様の装飾が施されてイスラム風なのが面白い。
ここまでイスラム勢力が来ていても不思議はない。

お昼は広場に面したレストランでランチ。
Plat de jourの鶏肉料理が美味であった。
食については情報もなく期待していなかったのでうれしい誤算でした。

|

« 2日目はバイヨンヌ | トップページ | 4日目はメドックの秋 »

旅行(フランス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3日目はポワティエ:

« 2日目はバイヨンヌ | トップページ | 4日目はメドックの秋 »