« アベノセイダース | トップページ | いだてんコンサートとか »

2019年5月 6日 (月)

杉山清貴とオメガトライブ in 日比谷野音

去年はチケット争奪戦に敗れたため、今年は満を持してゲット。

天候にも恵まれて楽しいライブ。
柄on柄のコーディネートには意表をつかれたけど、歌声は絶好調。
アップテンポの曲がほんとに速かったけど、それもまた良し。
オメガの演奏はホールよりも野外のほうが向いている気がする。
欲を言えば「夕暮れの背中から星降る夜が降りてくる」タイミングで「サイレンスがいっぱい」を聴きたかったな。

MCは西原さんの「むしまるQ」の話が一番ツボでした。
リアルタイムでは知らなくて、杉山清貴にハマり出した時に「むしまるQ」を知ったのだけど、「サーモンU.S.A」はちょっとあり得ないメロディ展開を楽々と歌いこなして、杉山清貴の歌のうまさを再認識。
Eテレの底力というか、参加ミュージシャンも豪華で、「チョー(E)!」「ボス豚(とん)」、「ホタル・カリフォルニア」もお気に入り。
音楽教育にも良いだろうと、DVDは親戚の子にあげました。
次の世代にも受け継がれる、はず。

ペンライトとワイパーが嫌いなのでアンコールで両方始まった時はどうしようかと思ったけど、ファンクラブグッズのペンライトが目に優しいので、思ったよりも邪魔でなかった。
(電球タイプのペンライトは絶対反対)。

そういえば、グッズ売り場がCDとそれ以外に分かれていた。
いろいろ、少しずつ改善されているんですね。

二年ぶりの野音は座席とトイレがリニューアル。
前のトイレはトルコのドライブインみたいだったのに、ちゃんと洋式になっていた。

ソロの曲もバンド編成で聴きたいし、ユニットも好きなので、オメガ一辺倒は望まないけれど、野音のオメガは好きです。
時々、初夏あたりに野外ライブをやってくれるといいなと思う。

---
野音の記事の杉山清貴のプロフィールが古くて、記者はウィキを見て書いたものと思われるけど、自分のところにちゃんとしたデータベースはないんだろうか。
そういういい加減なことをしているから信頼されなくなるのよ。
それと、今に始まったことではないけど、杉オメが話題になると必ず「カルロスが...」と書き込む人が現れるけど、あれは何なのだろうか。
消息を知りたいのなら検索すればいいわけで、トップに貼ってあるわけでもないニュースを目ざとく見つけ、関係ないことを書き込む熱意が不可解です。

前日に同じく野音で開催されたロックンロールショーも行きたかったけど、チケットが取れずに断念。
10時ジャストにアクセスして10時0分50秒頃に「予定枚数終了」。
文字通りの秒殺を初めて体験した。

|

« アベノセイダース | トップページ | いだてんコンサートとか »

音楽(杉山清貴)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アベノセイダース | トップページ | いだてんコンサートとか »