« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

2019年8月31日 (土)

最近のドラマ

金曜日の夜、「これは経費で落ちません」と「凪のお暇」をどちらも見たいため、前者を録画、後者をリアルタイム視聴している。
放送時間がかぶっているドラマをメディアがよく「○○対決」と煽るけど、今の時代、勝ち負けの問題じゃないと思う。
興味がなければどちらも見ないし、見たければ録画してでも見るし。

「凪のお暇」はOL時代のおざなりな「わかる」と友達と共感した時の「わかる」の微妙な違いに黒木華の演技力の確かさを感じました。
どちらかというと高橋一生と中村倫也目当ての視聴なんだけど。
高橋一生の「俺じゃないです!」に爆笑して、録画とリアルタイム視聴を逆にしようか、両方録画しようか思案中。

「これは経費で落ちません」、ベッキーの悪い秘書役がはまっていたけど、こういう役が出来るのに何故好感度にこだわったのかが不思議。こっちのほうが面白いじゃないか。

| | コメント (0)

歴史とか漢字教育とか

小学校の教科書から「漢江の奇跡」を削除……韓国の歴史とは「道徳教育」である

 歴史を学べば日韓友好は進むのか 『検定版 韓国の歴史教科書』の困った内容

前から彼の国の人々の歴史認識がズレていると思ったけど、この記事で納得。
「あったこと」を記録するのが歴史なのに、「あるべきこと」に書き換えていたら、そりゃズレますね。
歴史認識以前に、歴史というものの概念が違っている。

日本も鎌倉幕府成立が「いいくにつくろう」でなくなったし、歴史の解釈は一つではないし、時に変化したりもするもの。
でも、さすがに在ったことが無かったことに、無かったことが在ったことになることは滅多にない。あれば大問題になる。
いろいろ批判されている「日本国紀」にしても、書かれている史実自体は嘘とか捏造ではない。
説の取捨選択とか、コピペが多いとか、内容とタイトルが不釣り合いとかで物議を醸したけど。

で、韓国の自国関連の歴史認識が違う理由はわかったけど、他国の歴史についての認識もなんかズレてるような。
ほかの国の歴史に対する無神経はなんなのでしょう。
民族性によるのか、歴史をきちんと学んでいないせいなのか、そして悪意があるのかないのかもわからないけど、とにかく無神経。

日本も教科書の編集方針については、いろいろ議論されてきたけど、教科書以外の説を自発的に読むことが自由であり可能なのは幸せなことだなと思う。
その気になれば漢文だって読むことができる(苦手だけど)。

明治の頃、日本でも漢字廃止とか公用語を英語にすることがが検討されたらしいけど、漢字を残す決断をした先人に感謝したい。

| | コメント (0)

2019年8月30日 (金)

このところの時事問題のこと

ホワイト国はずし以降の韓国の反応を見ていると、個人レベルではこういう面倒くさい人いるよね、と思う。
でも、国家レベルでというのは珍しい。
いえ、珍しがって済むことじゃないけど。

日韓関係についての記事で、「ネットとメディアが嫌韓で・・・」とかいう人がいるけど、そんな事実あったんだっけ?
で、今のネットのシステムからいって嫌韓記事があればもっと目に入ってきたはず。
SNSやコメント欄はともかく、マスメディアは一部を除いて、むしろ韓国の立場に立ったような記事のほうが多かったし、政府はもどかしいほど慎重で、誰か嫌韓を煽ったりしていたか?
さすがにGSOMIA破棄のニュースが流れて以降はメディアの方向が変わってきたけど、事実を伝えるだけで煽ったりはしていない。
こういう体感と違う記事や発言には戸惑う。

個人的にはK-POPは聴かないし、韓流ドラマをNHKが放送しているのは腹立たしいし、駅や電車内のハングル表記は要らないと思っている。
まあ嫌韓です。
でも、思っているだけで具体的に何か行動しているわけではないし、もしも反韓デモがあっても面倒だから行かないと思う。
ただ、嫌韓ムードが強まると、なぜかK-POPとか韓流のメディアの露出が増えるのだけど、神経を逆撫でするだけだから、いい加減「ほとぼりを冷ます」ということを覚えてほしい。
「北風と太陽」とか読んだことがないのだろうか。

ところで、アベガーの人たちは、とにかく安倍首相を嫌いなんだなと思うけど、何故嫌いなのかがよくわからない。
独裁者になることを危惧しているみたいだけど、演説が上手くない独裁者というものを私は寡聞にして知らないのだけど。
(それともアベガーの方たちは安倍首相の演説が上手いと認識しているのだろうか?)
それと、アベガーの人たちは、現政権支持者が自民党や安倍総理を「好き」だと思っている節が見えるけど、別に政党や政治家を好き嫌いで選んでいるわけではない。
まあ、中には好き嫌いで選ぶ人もいるかもしれないけど、大多数は違うと思う。
総理になって欲しいかどうかは別として、好き嫌いで言うならば石破茂のほうが好きですよ。演説も討論も安倍総理より上手いし。


で、この記事。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190824-00000004-ykf-soci
石破茂氏&鳩山由紀夫氏の“ソックリ主張” 韓国の協定破棄「日本に問題・原点あり」

ちょっと残念な気持ちになってブログで原文を読んでみた。
やはり全文を読むのと一部分だけを切り取ったものを読むのとは印象が違って、鳩山由紀夫の主張とは似て非なるもの。
鳩山由紀夫の意見は「中韓に平身低頭すべき」だけど、石破茂は自重を促す程度なので。
このところの夕刊フジの記事は溜飲が下がるものが多いけど、これはマスコミ得意の部分的な切り取り。

とはいえ、記事に引用された「我が国が敗戦後、戦争責任と正面から向き合ってこなかったことが多くの問題の根底にあり」の部分、学者や研究者が言うならともかく、防衛大臣経験者の政治家の発言としては他人事に思える。
今のこのタイミングで書かなくてはならないことだったのか?、とは思う。
「風と共に去りぬ」に「あなたは、いつになったら問題を両面からながめるくせをやめるの」というセリフがあるけど、石破茂のくだんの文章への感想もこれかな。
過去の反省を忘れないのも、物事を多角的に見るのも大切なことだけど、今はそれを発信する時期じゃない。
具体的な解決策を提示できるならともかく、自分の分析力と冷静さを示すだけなら何も言わないほうがいい。

分析力やウィットは好きだけど、このタイミングでこの発言というのは、残念ながら総理には向いていないのかなとも思った。
冷静さや分析力をもっと活かしてほしいけど。

| | コメント (0)

2019年8月14日 (水)

日本海夕日コンサート2019

毎年8月のお盆前後の日曜日に夏競馬とお寿司目的で新潟へ行くのだけど、今年は日本海夕日コンサートに杉山清貴とKANが出演ということで土曜日に前のり。

会場へのアクセスがちょっと不安だったけど、シャトルバスの運行がスムーズだったので往復共に楽だった。
さすが競馬やJリーグで慣れているだけのことはある。
共通ICカードが使えるようになっていて、便利な世の中になったものです。

ビールとトイレで砂浜を何度か往復したけど、砂を蹴散らさないように歩くのは結構筋肉を使いました。
ちょっと後悔というか反省したのが、リサーチ不足でレジャーシートを用意しなかったこと。
まあなんとかなったし、途中からはスタンディングエリアで立っていたけど、グッズとしてロゴ入りのレジャーシートを販売してくれるといいと思う。
記念にもなるし。

それから、簡易トイレが全部和式だったのも残念な点。是非洋式にしてほしい。
設置数は行き届いて申し分なかったんですけどね。

杉山清貴の歌はつい4日前に桑名正博トリビュートで聴いたばかりですが、この日も歌声は絶好調。
夕日が沈む海辺で聴く「君のハートはマリンブルー」はまた格別です。
ここで聴かなくてどこで聴くっていうくらい。
https://www.youtube.com/watch?v=9RgIfjJBOkk

トリのKANは宝塚のレビューみたいな羽根飾りを背負って、バンドと共に登場。
もはや燕尾服に天使の羽根ではざわつかない私ですが、この日の衣装にはザワザワ。
羽根が海風にあおられるのがおかしくて。
KANバンドのメンバー紹介で矢代恒彦の名前に一人で盛り上がりました。
スタレビの「艶」のアレンジ&キーボードの人。(生で聴くのは)初めてだけど懐かしい。
(久しぶりに「会えないよ」と「歳月の果てに」が聴きたくなった。)
KANバンド演奏による「愛は勝つ」と「ふたりの夏物語」は新鮮でした。
そういえばライブではスタレビ演奏しか聴いていなかったのだな。
ラストの「よければ一緒に」では、「親に連れてこられた」風情のお子たちも楽しそうに歌っていたのが微笑ましかった。
「愛は勝つ」ではなく、この曲をトリに持ってくるところにKANの演出へのこだわりを感じます。
https://www.youtube.com/watch?v=aLyMYf8Dwf8

・地元選抜の夕日コーラスキッズはコラボの振り付けをしっかりこなしていて素晴らしい。
・もるつオーケストラの「エスカレーターどっちに乗る」(だっけ?)が、あるあるネタで、駅でエスカレーターに乗った時に思い出した。。。
https://www.youtube.com/watch?v=CcinS149atc

そして、ライブ後は新潟産ワインをグラスで飲めるお店へGO!
ワインとお料理とライブの余韻を味わいました。

| | コメント (0)

2019年8月10日 (土)

馬鹿な男のR&R

行ってきました、芳野藤丸&杉山清貴 presents 馬鹿な男のR&R。
6月のHalf & Halfには行けなかったので、久しぶりのライブ。
人の曲を自分の曲のように歌いこなす杉山清貴を見るのは無上の喜びです。
そして好きな人が好きな人やモノについて語るのを聞くのはいつも楽しい。
歌にももMCにも「桑名正博が好き」という気持ちが溢れていた。

自作の曲と筒美京平作品の配分も申し分なし。
繰り返し「良い曲だ」と紹介した「ロンリネス」は、すっかり忘れていた曲なのにイントロを聴いた途端にサビのフレーズを思い出しました。
ドラマの主題歌でしたね。

「セクシャルバイオレットNo.1」は前に聴いた時もかっこよかったけど、是方さんのギターが入って、より一層かっこよかった。

ロックユニット以外で是ちゃんのギターを聴くのもすごく新鮮。
時折、ギターのお二人がハモるのにゾクゾクしました。
このメンバーでのライブを定期的にやって欲しい。


桑名正博についてググッていたら唐獅子株式会社で原田役を演じていたとのこと。
原作のイメージとはちょっと違うのだけど、どんな風に演じたのか見てみたい。
「このスーツ、風を通すのです」とか言ったのだろうか。
時空警察の本能寺の回では織田信長を演じていて、わりと良かったです。

| | コメント (0)

2019年8月 4日 (日)

この世界の片隅にと新しい地図のこと

NHK総合で放送された「この世界の片隅に」を視聴。
積極的に見るジャンルの映画ではないんだけど、でも、記憶に残る、そして残すべき作品だと思う。
そして、「のん」に演技の場と「能年玲奈」の名前が戻ってきますようにと心から願わずにはいられません。
「あまちゃん」における魅力は、演技よりは個性によるところが大きかったんじゃないかと思っていたけど、この映画を見て、彼女の作品の理解力と表現力の素晴らしさをしっかりと認識しました。
うん、女優なんだと。

それから、新しい地図のこと。
そもそもアイドルとかグループへの思い入れはないほうなのでSMAPのファンじゃないし、強く思い入れているメンバーはいない。
ただ、「スマステ」と「ぷっスマ」は視聴習慣に入っている番組だったから打ち切りは残念だったし、不可解でもあった。
視聴率も悪くなかったはずだから。
スマステで紹介されたグッズはいくつか買ったことがあるし、月イチゴローの辛口映画批評は好きだった。
稲垣吾郎はスマップの解散騒ぎより前から、映画やドラマの脇で悪役を演じるようになっていて、俳優としてはアイドル脱却に成功していたから普通に需要があったはず。
なんだかんだと新しい地図の三人は「どちらかといえば比較的好き」かな。

マツコ・デラックスの毒舌の面白さは常識に裏打ちされたものだけど、エンタメ全般の知識や鑑賞力はいまいちだというのは以前から感じていたこと。
自覚しているのか、これまでその関連の発言は少なかったけど(好きな映画等について話しているのを聞いたことがない)、元スマップ三人についてのマンパワー云々の発言が本当だとしたら余計なことを言ったもんだと思う。
そういう言い方されると「比較的好き」くらいでも俄然擁護したくなるし。
「友だちだから味方する」とでも言ったほうがマシだったと思う。

東スポがこのところ立て続けにジャニーズ事務所と吉本興業寄りの記事を掲載している。
吉本興業の会長は誓約書の話が出てきてしまった今、反旗を翻した芸人を干している余裕などあるんだろうか。
メディアも、事務所に忖度した記事を書くよりも、誓約書の件をもっと追求するべき。
それにしても、東スポがここまであからさまに「壁」側に立つようになるとは思わなかった。
以前は「卵」側とは言わないまでも、意表をついて笑える記事を書いていたのに。
東スポ伝説は今は遠くなってしまった。

| | コメント (0)

表現の自由ではなくデリカシーの問題

あいちトリエンナーレ「表現の不自由展・その後」が中止になった件。
不自由展という着想は面白いと思うけど、今回はコンテンツの選択が無神経過ぎた。
こういうシニカルな企画って、少し笑える要素がないと成立しないと思うのです。

表現の自由を尊重するのは吝かでない。
たとえば、会田誠の講義で大学が訴えられた件などは訴えた側がおかしいと思っている。
でも、表現の不自由・その後展の件は作品の表現手法に対するものとは違います。
少女像自体はただのチマチョゴリを着た女の子なわけだし、反日アピールに使われなかったら特にどうということもない像です。
これが芸術作品なのか?という疑問はあるにせよ。
問題なのは日本に対する「嫌がらせ」の手段として使われていること。現在進行形で。
その像を公金が使われている場に芸術作品として展示することが不愉快だし、表現の自由とは諸々の不愉快さに耐えてまで尊重しなくてはならないものなのかっていう話。
表現の自由以前に人としてデリカシーがなさすぎたと思う。
脅迫は論外だけど、不愉快さを表明することに対して「表現の自由」を持ち出されたくはない。

この件で表現の自由を主張する人たちは、アメリカの私立大学の壁画や映画のポスターのサンライズ意匠をやめさせようとした動きに対しては何か物申したんですかね?

 

 

| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »