« 嘘に対する過敏な反応 | トップページ | この世界の片隅にと新しい地図のこと »

2019年8月 4日 (日)

表現の自由ではなくデリカシーの問題

あいちトリエンナーレ「表現の不自由展・その後」が中止になった件。
不自由展という着想は面白いと思うけど、今回はコンテンツの選択が無神経過ぎた。
こういうシニカルな企画って、少し笑える要素がないと成立しないと思うのです。

表現の自由を尊重するのは吝かでない。
たとえば、会田誠の講義で大学が訴えられた件などは訴えた側がおかしいと思っている。
でも、表現の不自由・その後展の件は作品の表現手法に対するものとは違います。
少女像自体はただのチマチョゴリを着た女の子なわけだし、反日アピールに使われなかったら特にどうということもない像です。
これが芸術作品なのか?という疑問はあるにせよ。
問題なのは日本に対する「嫌がらせ」の手段として使われていること。現在進行形で。
その像を公金が使われている場に芸術作品として展示することが不愉快だし、表現の自由とは諸々の不愉快さに耐えてまで尊重しなくてはならないものなのかっていう話。
表現の自由以前に人としてデリカシーがなさすぎたと思う。
脅迫は論外だけど、不愉快さを表明することに対して「表現の自由」を持ち出されたくはない。

この件で表現の自由を主張する人たちは、アメリカの私立大学の壁画や映画のポスターのサンライズ意匠をやめさせようとした動きに対しては何か物申したんですかね?

 

 

|

« 嘘に対する過敏な反応 | トップページ | この世界の片隅にと新しい地図のこと »

時事ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嘘に対する過敏な反応 | トップページ | この世界の片隅にと新しい地図のこと »