« 視覚的にダメ | トップページ | モンプチ、嫁はフランス人 »

2020年1月 5日 (日)

いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)

リアルタイムでもそれなりに楽しんで視聴していたけど、振り返ってみても良かったです。
1912年のストックホルム五輪(の前)から東京五輪までのおよそ50年だけど、大きく変化した時代だったのだなと。
日露戦争から現代までの100年の、前半を「坂の上の雲」、後半を「いだてん」で見る感じ。

女子スポーツの変遷も興味深かった。
裸足で走っただけで大騒ぎだったのが、女子選手が水泳でメダルを獲得するまでに至るのに数十年しか経ていなかったのだな、とか。

主人公の金栗四三と田畑政治は地方出身の人たちだけど、志ん生を描くことによって古き「東京」を描くことになったし、物語全体が大きな一つの流れにもなった。

伏線の張り方とか構成の緻密さも素晴らしかったです。
史実の部分ではロス五輪とベルリン五輪、国立競技場における学徒出陣の悲痛さと東京五輪の晴れやかさの対比が印象的。
五りんの祖父母が関東大震災、父が学徒出陣の悲劇を描く役割を担っていたり、架空の人物の使い方も良かった。
小さな役に至るまで演じた人たちも好演で、キャストや演技によるストレスがほとんどなかった。

|

« 視覚的にダメ | トップページ | モンプチ、嫁はフランス人 »

大河ドラマ・歴史ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 視覚的にダメ | トップページ | モンプチ、嫁はフランス人 »