« 十二国記 白銀の墟 玄の月 | トップページ | 視覚的にダメ »

2020年1月 5日 (日)

午後の紅茶と音感

このところ午後の紅茶のCMを見ていないけど、批判の結果だろうか。
音程のズレには敏感なほうで、周波数レベルのズレが気になってしまうけど、日ごろはあまり目くじらたてないようにしている。
気にしだすとキリがないので。
でも、あのCMはちょっと許容範囲を超えていると思いネットで検索してみた。
同様の声が多くて「やっぱり」と。
制作側の狙いは「ヘタウマぎりぎりの一生懸命さ」なのだろうけど、生理的嫌悪につながってしまうのはダメでしょう。
前のシリーズは好きだったんですけどね。
あの音程のズレを視聴者が許容できると思ったのだとしたら、大きな判断ミス。

あのCMに関する記事で「私は全然気にならないんですけど」という「音楽雑誌ライター」のコメントを載っていた。
この手の記事に出てくるライターが実在するかどうかがそもそも疑問だけど、実在するとしたら即刻転職するべき。
あの音ズレはうまい下手ではなく、楽器に例えるならチューニングが出来ていない状態で、それが気にならないような音感の人が音楽の記事を書いてお金をもらうなんてありえないので。

|

« 十二国記 白銀の墟 玄の月 | トップページ | 視覚的にダメ »

メディア批判」カテゴリの記事

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 十二国記 白銀の墟 玄の月 | トップページ | 視覚的にダメ »