« グッジョブ | トップページ | 暗いニュースが日の出とともに街に降る前に »

2020年2月23日 (日)

クルーズ船についての私的メモ

新型コロナウィルスにまつわるダイヤモンドプリンセス号の措置について、感染防止と人道的見地による意見が錯綜している。
情報も混乱しているのでちょっとメモ

船籍:英国
所属:アメリカ
航海中は国外

新型コロナウィルス感染元の香港の80代男性の行動と船の経路
1/10 香港の男性、中国本土へ
1/17 香港の男性、航空機で東京へ
(この間の行動経路不明)
1/20 香港の男性、横浜でダイヤモンドプリンセス(以下DP)乗船
1/22 香港の男性、鹿児島でバスツアー参加
1/25 香港の男性、香港で下船
1/27 DP、ベトナム ダナン寄港
1/28 DPベトナム カイラン寄港
1/31 DP台湾 基隆寄港
2/1 感染確認
2/1 DP那覇寄港(発症者有)
2/4 DP横浜寄港
2/4 DP船内パーティー
2/5 隔離開始
2/19 下船開始

スーパースプレッダーは船上に5日間滞在していたわけで、その間にかなり感染していたと思われる。
「早く下船させるべき!」と騒いでいた人たちは3700人を隔離する施設がどこかにあると思っていたのだろうか。
チャーター便で帰国した人たちの隔離場所確保にも苦慮したというのに。
まさか、そのまま帰宅させればよいと思っていたわけではあるまいね。
船内の待遇への不満もちょっとなと思う。
外国で隔離されている人たちは難民収容施設とか軍の施設とかにいるわけで、豪華客船の客室よりも快適とは到底思えないのだけど。

スーパースプレッダーは1/17に来日、20日までの3日間は日本にいたことになるけど、その間の感染も心配。


---
厚労省職員41人をウイルス検査へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200222-00000120-kyodonews-soci

「検査しません(キリッ)」のニュースを見た時は目を疑ったけど、過ちをあらたむるにはばかることなかれなので、変更は良いことだ。

船内の告発動画をアップ後削除した例の教授も、散々「マスク不要」と楽観論を主張していたわけで、状況に応じて意見が変わるのはいいんだけど、変わった理由は説明すべきだと思う。言葉で、具体的に。

|

« グッジョブ | トップページ | 暗いニュースが日の出とともに街に降る前に »

時事ネタ」カテゴリの記事

COVID19」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グッジョブ | トップページ | 暗いニュースが日の出とともに街に降る前に »