« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

2020年4月27日 (月)

ハンカチマスクとか疑問とか

長らく不織布マスクを再利用していましたが、最近はハンカチマスクを付けています。
シュシュ代わりにしていたバンダナや大判ハンカチが思わぬところで役に立つことになりました。
お裁縫は苦手なので、縫うタイプではなく折りたたみ方式を採用。
洗濯機でがんがん洗えるし、乾くのも早い。

というわけで届かなくても困るわけではないですが、アベノマスクはまだ届きません。
批判的スタンスの芸能人のところに続々届いているようなのがちょっと不思議・・・と思ったら、感染者数の多い新宿区・港区・世田谷区は早く届くのですね。
で、芸能人は世田谷区在住が多い、と。
カビ付着のニュースは捏造という説もあるし、アベノマスクが出回ることで困る人が一定数いるみたいだし、ちょっと疑心暗鬼になってしまった。

麻木久仁子がコロナ受診の待機ルールについて専門家会議に怒っているけど、4日ルールと同時に「高齢者と基礎疾患がある人は2日」と周知されていたと記憶しているし、今はリスクのある人については2日についても撤回されている。
批判するなら、せめて調べてからにして欲しい。
そもそも世田谷区の感染者数が多くなければ感染を避けられたかもしれないし、そのほうが問題だと思う。


感染~肺炎発症~退院した人の経験談がちらほら出てくるようになり、アビガンが効果があることがわかってきたけど、軽症で自宅療養した人の話も知りたい。
37.5℃くらいなら薬で下げる必要はないけれど、38.5℃以上の熱が出た場合にどう対処したのか。
38.5℃以上の高熱が出た場合に市販の解熱剤が効くのかどうか、とか。
でも、なぜだか薬を飲んだっていう報告が見当たらない。
高熱でも何もせずにひたすらPCR検査を待っているのでしょうか。

アセトアミノフェンの風邪薬と解熱剤を用意してあり、解熱剤である程度熱が下がるのなら発熱に過度に不安にならずに済むので、そこのところが知りたい。

| | コメント (0)

2020年4月23日 (木)

「軽症」の解釈のズレ

武漢ウイルスに感染した場合の軽症の定義が混乱している気がする。
自宅隔離で病院に行かなくても治る「軽症」と、
アビガン投与が効果的な「軽症」

医師が「アビガンは軽症に効果がある」という場合、「肺炎の症状のうち軽症のもの」を指すと思うのだけど、それを文字通りの軽症と解釈している人を見かける。
「アビガンを軽症のうちに投与するために早期にPCR検査を」と言う人など。
軽い風邪の症状でのアビガン投与など副作用等を考えたら危険しかないけど。

| | コメント (0)

2020年4月18日 (土)

外出自粛とIT

先日、突然インターネットに接続できなくなった。
iPhoneと固定電話は復旧したもののPCのインターネット接続とWiFiはつながらず、モデムのPPPランプは消えたまま。
引きこもるのはそんなに苦痛ではないけど、ネットがつながらないとなると心細いことこの上ない。
他所でもネットワーク障害が起きているとのことだったので、モデムの初期化方法をチェックしつつ、とりあえずそのまま一日待った。
が、自動的な復旧はなさそうなのでモデムを初期化、パスワードを再設定してめでたく復旧しました。
なお、モデムの初期化は意外と簡単だけど、以前初期化した時に簡単すぎて手順をしっかりメモしておかなかったことを深く反省。
初期化ボタンを押すのにiPhoneのピンが大活躍しました。
サポートセンターに電話せずに済んで良かった。
テレワークが増えているからITサポートも休めない業種の一つ。

ところで、家の中に在宅勤務者がいる時、邪魔しないようにテレビ視聴するのにネックスピーカーとトランスミッター・レシーバーが役に立ちました。
テレワークの会議を邪魔することなくテレビを視聴でき、かつ聴きながら家事もできる。
以前、ちょっとした出来心で購入したものの特に使い道がなかった品たちだけど、出番がありました。

テレビで保健所の多忙ぶりを紹介しているのを見たけど、多忙ぶりもさることながらアナログなのに驚いた。
ホワイトボードフル活用。
番組内でもIT活用の必要性が言われていたけど、まったくその通り。
相談内容をFAQにしたサイトとかアプリを作れば多少は電話応対の負担軽減になると思う、
アプリとかメールとかの手段があっても、電話じゃないと気が済まない人が少なからずいるので、そういう人の自制も必要な気はするけど。

| | コメント (0)

2020年4月 5日 (日)

天は自ら助ける者を助く

行動範囲内の飲食店はきちんと武漢ウイルス対策をしている。
お蕎麦屋は座席のレイアウト変更して入店時に手の消毒を呼びかけているし、居酒屋やカフェはテイクアウトメニューを作っているし、各テーブルにアルコール除菌ツールを置いている店もある。
出来る範囲で対策しているのを見て、心の中でエール。
テレビのニュースに出てくる「自粛で困っている居酒屋」があまりウイルス対策に力を入れてなさそうな店ばかりなのは偶然でしょうか。

「3密」そのものが目的みたいな「接客を伴う飲食業」は如何ともしがたいけど、普通の飲食店は対応次第ではないかと思う。
5人以上のグループの入店を断ることにすれば、クラスター感染の防止になるんじゃないだろうか。
宴会って大体5人以上いる気がするし、4人までなら知人同士かなと。ボックス席におさまるし。


散歩していたら体育館の入り口で6~7人の大人がレジャーシートを敷いて談笑していた。
屋外なので3密ではなく、やや風の強い日なので感染の恐れはなさそうとは思うものの、そうまでして集まりたいということに愕然としました。
クラスター発生のニュースも後をたたないけど、人はなぜ群れて騒ぎたがるのだろうか。

帰省先に向かうらしきスーツケースを持った若い子を見かけるけど、親元だろうが今移動はやめておけと思う。
こういう動きをなんとか止められないかと思うけど、要請が耳に届かないように禁止もたぶん耳には届かない。


| | コメント (0)

2020年4月 4日 (土)

マスク配布ってそんなにダメ?

政府の布製マスク2枚配布に批判が多いけど、そんなにダメなことだろうか。
批判を見ていると、これまでの「マスクがない!」はなんだったのかと思う。
わりと小さなことから変わっていくことってよくあること。
マスクを常備していない世帯に行き渡らせることに意味がないとは思わない。
海外もマスクの必要性に気付いたみたいだし。
それに、政府がマスク配布以外の措置を講じないわけじゃあるまいし。
(そう勘違いしている人もいるみたいだけど)

テレビの情報番組はこぞって緊急事態宣言の是非と現金給付の話題。
緊急事態宣言のメリット・デメリットを周知するのはいいけど、「緊急事態宣言を出すべき」という方向に無理やり誘導しようとしている。
これに限らず、メディアはとかく「大技で一発逆転」みたいな話に持っていこうとする傾向があって、非常に危なっかしい。
今までテレ朝に不信感があったけど、平日の午前中では大下容子の番組が一番バランスが取れていると思う。ちょっと意外。
TBSは朝昼晩偏向していて、安心して見ていられるのは安住アナだけ。

ネットのコメント欄にもしきりに「緊急事態宣言を出すべき」と言う人たちがいるけど、何か間違ったイメージを抱いているとしか思えない。
緊急事態宣言が出れば満員電車に乗らずにお金がもらえると勘違いしているような。
緊急事態宣言というのは政府や地方自治体が治安や医療崩壊防止の必要性から仕方なく出すものであって、市民側が宣言を望むというのが意味不明です。
善良なる一般市民にとっては出来る限り通常に近い生活を送れるほうが望ましく、ロックダウンの前に出来ること、すべきことはいくつもあります。
現時点で期間限定でテレワークをしている企業はあるし、通勤電車も昼の電車も以前よりは空いている。
この時期に旅行や帰省してしまう人、人の集まるところに行ってしまう人は確かに頭が痛いけど、彼らを抑える手立てはまだあるはず。
海外のように暴徒化しているわけでもなく、努力している人のほうが圧倒的に多い状況で、一部の不心得な人たちの行動を制限する目的で緊急事態宣言というのは本末転倒。

で、これは良いニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20200403-00128120-fnn-soci
軽症・無症状者はホテルなどに 東京都 感染拡大を受けて

緊急事態宣言には反対だけど医療崩壊は心配しています。
武漢ウイルスが終息するまではホテルは閑古鳥だろうし隔離に使用できたら病院もホテルも助かるでしょう。
というか今不要不急で移動されては困るので、軽症者隔離のためにホテルをおさえてしまえば旅客の移動制限の目的にも適う。


☆気を引き締めつつ、過度の不安を抑えるためのリンク

https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/country_count.html
外務省HPの感染者数推移グラフ

https://gis.jag-japan.com/covid19jp/
都道府県別新型コロナウイルス感染者マップ

https://gisanddata.maps.arcgis.com/apps/opsdashboard/index.html#/bda7594740fd40299423467b48e9ecf6
世界の感染者マップ(CSSE at johns hopkins)


| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »