« 5人以上の会食自粛へ | トップページ | アメリカでTiktok禁止? »

2020年8月 2日 (日)

梅雨明け

ようやく長い長い梅雨が明けました。
武漢ウイルスも厄介だけど、梅雨が長いのも辛かった。

自宅待機が終わり7月から仕事が通常勤務に。
平日は電車に乗り感染者の多いエリアに通勤しているけれど、
電車のつり革、エスカレーターのベルトには極力触らない
エレベーターのボタンも指の腹ではなく背で押す
もちろん手指の消毒、手洗いはまめに
ということを実践している。
接触確認アプリも6月にインストールしたし、スポーツクラブは引き続き休会中。
いわゆる「夜の店」にはそもそも用がなく、今はそのエリアにも近づかない。
(映画館があるので、以前はまったく足を向けないというわけではなかったけれど)。
コロナ対策をしているお店を選んで家族(二人)で外食はしていますが、遅くとも21時くらいには引き上げる。
これが正解なのかどうかはわからないし、注意していても感染した人と濃厚接触したら感染してしまうのかもしれない。
でも、幸い周囲にいるのが気を付けている人ばかりなので、今のところ無事でいます。

外で美味しい食事とお酒を楽しめるようになったことが幸せなので、それができなくなることは避けたい。
一気に羽目を外したがる人たちはほんとに迷惑です。

検査数が増えているとはいえ感染者増が気にならないといえばウソになるし、海外の感染者数を見て気持ちを落ち着けたりしている。
緊急事態宣言前と違うのはアルコール消毒用品が手に入ることかな。
マスクは布マスクでいいし。

ライブの再開も関心事の一つですが、新宿の舞台クラスターが話を聞けば聞くほど感染対策が杜撰。
抗体検査の目的も結果の解釈も間違っているし、演者同士とか舞台と客席の距離とか、手探りで慎重に可能性を探るべき時期になぜああいう企画を通してしまったのかと思う。
「舞台はやはり危険」というイメージを広めてしまった。
せめて他の公演がいくつか無事に終わってからだったら一つの失敗例として扱われてここまで影響しなかったのに。
明らかにこの影響で行こうと思ったコンサートが一つ中止になったので憤懣やるかたないです。

テレビで「映画館に行こう」のCMが流れているけど、これはいいですね。
映画館の安全性をアピールすると共に、手洗いとソーシャルディスタンスと映画館でのマナーについて周知する内容。
メディアも不安を煽るよりも手洗いと消毒とソーシャルディスタンスの必要性を周知することに力を注いでほしい。
「とにかく金を配れ」とかいう芸ノー人のコメントは要らないから。

|

« 5人以上の会食自粛へ | トップページ | アメリカでTiktok禁止? »

COVID19」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5人以上の会食自粛へ | トップページ | アメリカでTiktok禁止? »