« パンデミックの文明論 | トップページ | 象牙の塔と桜を見る会 »

2020年10月12日 (月)

アコースティックソロライブ2020

杉山清貴のアコースティックソロライブに行ってきて二週間が経過。
今のところ感染の連絡は来ていないので感染なしと考えてよいのではないか。
良かった。
杉山清貴のライブは8月にはビルボードライブ横浜のHalf & Halfに行っているけど、高瀬順のピアノを聴くのは本当に久しぶり。
この人のピアノは好きだわと改めて思った。
一日2回公演になって、アーティストは大変だろうけど、座席の前後左右が空いているのは快適。

選曲も好きだし、歌も演奏も素敵だった。
一点、MCで反戦に絡めて一言政治家批判を入れた以外は。
安易な政治向きの発言は興覚めするので控えてくれないかな。
特に物議を醸すような過激なことを言ったわけではなく、いつもの発言ではあるんだけれど、近代の戦争って政治家のせいだけで起こったわけではないし、コンサートの興趣を殺ぐリスクを冒してまで口にしなくちゃいけないことだったかなと思う。
批判するならもうちょっと歴史を勉強して欲しいし。

ともあれ、それ以外、特に「Reunited」とHalf & Halfの新アルバム制作のエピソードは面白かったです。
オリジナル曲について南佳孝が結構ダメだしをしていると聞いてGJと思いました。
作りこんだタイプには良曲があるけど、「頭に浮かんだメロディが名曲」のソングライターではないと思うので、このところのシンプルすぎるオリジナル曲には結構失望することが多かった。
南佳孝がダメだししているのなら往年のカッコいい曲を期待できるかなと。
カバー曲の収録が少なくなったのは残念だけど。

|

« パンデミックの文明論 | トップページ | 象牙の塔と桜を見る会 »

音楽(杉山清貴)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パンデミックの文明論 | トップページ | 象牙の塔と桜を見る会 »