« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月

2020年11月29日 (日)

時短はやむを得ないかな

ジャパンカップは、三強が見たい勝負を見せてくれて、しかも馬券がプラスという素晴らしいレースだった。
残念なのは指定席の抽選にはずれて生観戦できなかったこと。
日頃、人をうらやまないようにしているけど、今日ばかりは東京競馬場にいる人たちがうらやましかった。
そして今日ほどコロナ禍をうらめしく思ったことはないかもしれない。
コロナ禍でなければ、競馬場のスタンドか内馬場で見ていたはずだから。

↓この記事Yahoo!のトップの見出しは「怒る店主 時短要請には応じぬ」になっている。
ちょっと違いすぎませんか。

「仕方ない」「繁忙期逃したら潰れる」 飲食店に戸惑い 東京の時短営業始まる
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6377839


外食の際には感染防止対策をしている店を選び、比較的早い時間に「少人数・小声で会話・小一時間・小まめに消毒」と小皿以外の「4つの小」を実践している。
利用しているお店では他のお客さんもだいたいは同様な感じ。

ここ数か月で気に入っていたお店が何軒か閉店。
飲食店の大変さはわかるけど、ニュースで「繁忙期なのに」「忘年会」等のワードを見ると「全然ウィズコロナじゃないじゃん」と思ってしまう。今回の感染者の増加がなくても、今年に関しては忘年会はあり得ないと思っていたので、飲食店が忘年会の利益を当てにしていたことが驚きです。
別の記事で「午前5時まで営業していたのが時短で9割減」という居酒屋の例を読んだけど、「午後10時から午前5時までの間」に居酒屋に行くタイプの人たちが感染対策に気を使うとは思えず、お店が厳密な対策をできているかどうかに疑問がある。

感染拡大は個人の小さな気の緩みの蓄積だと認識しているので、飲食店の時短要請には否定的だった。
でも、報道されているあれこれを見ると致し方ないのかなと思うようになった。
というか、取材しているメディアも取材を受けている飲食店も、「感染者を減らす」ことについて意識が低い気がするのですが。
まず、そこを減らさないと何事も始まらないのに。


| | コメント (0)

急がばまわれ

https://news.yahoo.co.jp/articles/d91418391d533b75d6a19bbee6f32b61b3918958
浅田舞、自分の仕事は「妹の事を話す事なのか」…涙浮かべて無人島で思い吐露

NHKのスポーツニュースのマンスリーキャスターとか、一流選手が出演するアイスショーとか、実力・実績に不相応なチャンスはいろいろ(目障りなくらいに)与えられていたけど、悉くおざなりな仕事ぶり。
本職だったはずのスケートの技術やルールの解説ができなかったし、タレントとしての幅を広げる努力をするでもなく。
おまけにテレビスタッフのウケ狙いか「ジャッジに好かれている」とか「お騒がせ」とか他のスケーターを貶める発言までしていた。
こつこつ努力することから逃げて、気楽さや幸せを短絡的に追い求めていたという印象。
不相応な仕事が妹の知名度に依るものだったとしても、努力次第では自分自身の価値を認めさせるチャンスにもできたはず。
でも、努力しなかった。

少し前、バラエティに隠しゲストとして出演して披露したラテンダンスは上手かった。
現役時代から表現力はあったからダンスは向いているんだろうけど、もっと早くに取り組んでいたら仕事の幅が広がったんだろうに。
テレビの社交ダンス企画とか。

| | コメント (0)

2020年11月22日 (日)

君子豹変す

臨機応変に対応するのは良いことなのでGoToキャンペーンの一時見直しは良いと思う。
GoToが感染者増の原因かといえば、それは違うと思っているけど、「十分に感染対策をした上で」という前提を守れない人が多いようなので、そういう人たちへの対策は必要かと。
ただね、今に始まったことではないけれど、GoTo自体を悪者にして政府批判の道具にしている野党と一部メディアはいい加減にしろと思う。
まずは「ちゃんと予防していない人たち」に予防を呼びかけるべきでしょ。
「マスク会食」なんてするつもりもないし、これはさすがに馬鹿馬鹿しいと思うけど、そもそも「三密を回避して静かに少人数で食事する」ことが出来ていれば出てこない発言なわけです。
「5つの小」に難癖つけている人たちになると、これはもう言いがかり。

感染者増加関連で「団体バス旅行でカラオケをして感染」という記事を見たけど、この時期にそういう企画をしたこと自体が信じられない。
旅行会社も苦しい時期とは思うけど、感染者を出すことで却って自分たちの首を絞めることになるとは思わなかったのだろうか。

「報道キャスター」で安住アナが一日の感染者数の棒グラフのフリップにGoto開始時期を線引きしてタイミングが違うことを示していたけど、こういう冷静さはいいと思う。
ひきかえ「ワイドナショー」に出ていた大橋未歩、発言が悉く「どこかで聞いたことのある政府批判」で本当に酷かった。

| | コメント (0)

2020年11月21日 (土)

ごり押しの行きつく先は

今のところキメハラをする人には出会っていないし、書店で売り切れている現場を見ているからブームであることを認めるに吝かではない。
なので私自身が興味があるかどうかはともかく、「鬼滅の刃」がブームとして扱われることに異論はありません。
それよりもテレビをボーっと見ている時に不意打ちのようにNiziU(でいいんだっけ?)の話題になるのが非常に不愉快。
これはもはやNiziUハラスメント(ニジハラ?)。
紅白の出場も決まったけど、こういう売り方が良いとは思わないな。


ところで近藤真彦が無期限活動自粛とのこと。
プライベートなゴシップ自体はどうでもいいけど、思った以上に反感を買っていたようで。
ジャニーズにも紅白にも特別な思い入れがあるわけではないけれど、2015年の紅白の大トリで出てきた時の違和感は今も忘れない。
大手事務所が「枠」を持っていることは昔からわかっていたし(そのため思いがけない人が思いがけないマイナーな曲を歌ったりしていた)、その枠の一つを振り分けるくらいはアリかなと思っていた。
スターであったことは確かだから。
でも、大トリというのは「大人の事情」への理解を超えた暴挙だった。
で、その翌年にSMAPの解散騒動が起こったわけです。
大体、1980年代の事務所立て直しの功労者というのなら「たのきんトリオ」であってマッチ単体ではなく、そもそも田原俊彦のほうが売れていたし、事務所への貢献度は第一線での活躍した期間の長さからもダントツでSMAPのはず。
高齢女性に可愛がられるのも一つの才能かもしれないし、事務所内だけで優遇される分には好きにすればいいと思っていたけど、紅白の大トリは贔屓の引き倒しもよいところだし、SMAPの長年の貢献がありながら「トップはマッチ」発言は経営者としてどうよと思う。
事務所内の扱いに対しても当のジャニーズファンからも強く不満を持たれていることを最近知りました。
今回も「また庇っているのか」と思ったけど、事務所もメディアも世間の反応を無視できなかったようですね。

プライベートなことでいちいち社会的制裁だなんだという動きになることは懸念を抱きつつ、これで歌番組その他で見ずに済むことには安堵していたりします。

| | コメント (0)

2020年11月19日 (木)

くどいようだけどマスク・手洗い・検温・三密回避と換気

全国的に感染者が増加し、東京も過去最多の498人。
「東京都の一日の感染者数スクワット」を実践中の身としても、これ以上増えないことを心から祈るばかりです。

このところ休日の人出が増えていたし、入店時の消毒をしなかったり、エレベーターや通勤電車で大声で会話する人がいたりしたので危惧していたところ。
そもそもGoToキャンペーンもGoToイートも「しっかり感染対策をすること」が大前提のはずだけど、前提が守られていない。

緊急事態宣言が解除されてから、映画・ライブレストラン・ホールコンサート・美術館・旅行(一泊)・競馬観戦を経験したけれど、手の消毒・マスクの着用はもちろんのこと入り口では検温といずれも厳戒態勢です。
で、今のところは無事だし、その手のイベントでのクラスターは起きていないから、ウィルス対策に一定の効果はあるのだと思う。
でも、大勢の飲食は時期尚早。

なお、旅行はしたものの年末の帰省はしなかったりする。
年末帰省の主目的は10人以上が集まる年越しだけど、今年はそういうのは論外なので。
元は実家からの要請で東京を危険視されるのも複雑だけど、迎える側の不安もわかるし、帰省する側にも不安がないわけではない。
観光目的で行く旅行先のホテルや食事には不安を感じないけれど「普通の地方都市」はホテルは大丈夫だとしても外食には不安がある。
アルコール消毒剤の設置の度合いとか、座席の配置とか。
実際、地方で感染した飲食店の店員はマスク未着用だったというし、普通に過ごす分には都会のほうが対策が徹底しているから安心な気がする。
もちろん、消毒ジェルとか除菌シートとかは常に携帯しているけど、使わざるを得ない状況にはあまり遭遇したくないのです。

| | コメント (0)

2020年11月16日 (月)

耳をうずめて

キリンジのライブDVD付属のCDを聴いているうちにオリジナルアルバムを聴いてみたくなってCDを3枚購入。
「47'45"」「Fine」「For Beautiful Human Life」
特に「47'45"」収録の「耳にうずめて」はしみじみと好き。
「僕ら音楽に愛されてる、そう思うのか?」と疑問形だけど、「うん愛されてる」と感じるのが不思議。

NHK金曜22時のドラマ「タリオ復讐代行人の2人」のオープニング「金曜日のヴィーナス」も、永井博のイラストも相まって80年代のキラキラ感があって素敵です。
キリンジ(兄弟時代)の活動時期は2000年以降だけど、堀込泰行の歌声は80年代の楽曲がハマる。
YouTubeで聴いた「スローなブギにしてくれ」「てぃーんずぶるーす」も良かったし。
杉山清貴の楽曲を他の人の声で聴きたいと思うことはほぼないのだけど、堀込泰行が歌う「ふたりの夏物語」をちょっと聴いてみたい。

| | コメント (0)

愛を歌おう

南佳孝 & 杉山清貴のニューアルバム。
例によってカバー曲を中心に聴いていますが、オリジナル曲では「My Sunshine Girl」とと「おやすみGood Night」が好き。

カバーは全曲絶品。
特に「One After 909」。
前作に比べて南佳孝色が少し強めかなと思わないでもないけど(別にそれは嫌ではない)、この曲は杉山清貴のボーカルの本領発揮。

「To Know Him Is To Love Him」はバックコーラスに徹するおじさまたちが素敵。
坂本美雨の声も好きな声です。

「あなただけを」は夏のイメージでお二人らしい選曲だけど、杉山清貴には「二人の世界」とか「時計を止めて」を歌って欲しい。
杉山清貴もあおい輝彦も、思えば「いそうでいない理想的イケボ」なんだな。

| | コメント (0)

恋愛小説3~You & Me

原田知世のカバーアルバムの第三弾。
2も愛聴しているけど、3は更に、より一層素晴らしい。
歌唱もアレンジも演奏も進化した感じ。
アルバムが届くまでは、一番聴きたかったのが「小麦色のマーメイド」で、これももちろん良かったのだけど、白眉は「新しいシャツ」。
バックはピアノのみなのだけど、原田知世のしっとりとした歌声と寄り添うようなピアノの音色が本当に素敵。

| | コメント (0)

文春砲とワイドショーのダブルスタンダード

またしても芸能人の不倫ネタで文春砲・・・なんだけど、J事務所のKMについてはオールドメディアがまったく騒いでいない。
で、10日前の後輩の退所のニュースがおもむろに流れたりしている。
現在の活動状況だけを考えればワイドショーが取り上げないのはニュースバリューがないからとも思うけど、5年くらい前に紅白で大トリやっていたことなどを思うと、この件だけスルーされるのは釈然としなかったりする。
ワイドショーが今後プライバシーは話題にしない方針ならそれはそれで望ましいことだけれど、同様の件で社会的制裁を受けた他の芸能人に比べて不公平感は否めない。

そこで、テレビ局はこのままこの件をスルーするつもりなら、プライベートな問題で活動自粛に追い込まれている人たちを復帰させたらどうかな。
それならば少なくともダブスタではなくなる。

| | コメント (0)

2020年11月 3日 (火)

人の崇めるものを足蹴にはせぬ

フランスが再びロックダウン。
イスラムとも不穏な関係。

フランスが早くコロナ面でも治安面でも安全な国になることを心から願います。
自分が行きたいからという自己的な理由ではあるけれど。

欧米は桁が違うけど、日本も感染者数が高止まりが続いていて、ちょっと心配ではある。
でも先日、情報番組で通行人の若い女性のバッグの中身をチェックしていたけど、結構な割合で除菌用のアルコールスプレーとかジェルと予備のマスクを持っていて安心しました。
飲食店も座席の間隔を元に戻すところがあったりするし、多人数の飲み会を目にすることが増えているので、危機感のなさに不安を感じていたのです。
除菌用アルコールを持っているから安心というほど単純なことではないけど、一応みんな危機意識は持っているんだなと思って。


閑話休題。
フランスの風刺画というと歴史の教科書に載っていたドレフュス事件などを思い出すけど、最近は強者でもない存在を貶めるものが少なくない。
笑いには多少の毒はあっていいし、表現の自由は守るべきだけれど、無制限じゃない。
そもそも笑えもしないし。
テロとは無関係の、市井のムスリムの感情を傷つけて何が風刺なのか。
宗教が違ってもお互いにこういう気持ちでいたら争いも避けられるだろうに。

「ひとの崇めるものを足蹴にはせぬ。心ばかりは奪われず、ただ会釈だけをしておく。かえってこの世で、わが心は自在を得るわい」(「箱根の坂」の願阿弥の言葉)

| | コメント (0)

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »