« 時短以外にも手立てはある | トップページ | 今度こそ、緊急事態宣言には反対 »

2020年12月29日 (火)

2割と8割

https://news.yahoo.co.jp/articles/ca62482d7dc513db621c5d2a751ba6fd818db8e7
個人の感染防止策に限界~新型コロナ、専門家が強い危機感~

---
舘田教授は「現在でも、8割くらいの人はマスクの使用や手指衛生の徹底、3密回避などの予防策を続けていてくれる。しかし、残りの2割の人が警戒感の緩みから、狭くて換気の悪い空間での会食など感染リスクの高い行動を繰り返しているような気がする」と言う。この2割の人たちの間で感染が拡大していけば、職場などで残りの8割の人にまで感染が広がることになる。
(中略)
「勝負の3週間」とされた期間でも、東京都内の繁華街の飲食店では、個室に大勢が集まって宴会を開く若者の姿が見受けられた。商業地区のレストランでは、昼食時に集まって談笑しながら食事を楽しむ主婦らしきグループもいた。
---

GoToの停止も分科会がしきりに飲食店の時短を訴えるのも「感染対策をしない2割の人たち」から残りの8割に感染を広げるのを阻止したいのだということは理解している。
理解しているから22時までの時短は仕方ないと思うけど、更に営業時間が短くなるのはさすがに不自由だし、2割の不心得者のせいでこれ以上行動を制限されたり、感染対策をしている飲食店が不利益をこうむるのは納得がいかない。
専門家は2割の行動を分析してピンポイントで抑制する提案をしてほしい。
今以上の時短は、いろいろ策を講じて万策尽きた時の手段でいい。

政治家の会合が批判されているけど、批判の矛先が何か違ってきている気がする。
大勢の会食は止めましょうというのは、そもそも感染リスクが高くなるから。
大勢の会食が何故感染リスクが高くなるかといえば、大勢だと会話の際に大声を出す傾向が強く、大声を出すと飛沫が飛びやすいから。
5人以上はNGというのは、4人までなら大声を出さずに会話できるから。

総理の会食を批判する声の中には「自分たちだけ楽しむのが許せない」みたいなのが混じっているように見える。
楽しんでいる人が皆無とは言えないけど、仕事の会食なんてそんなに楽しいものじゃないと思いますけどね。
特に菅総理は下戸で小食なのだし。
とはいえ、年齢を考えても総理が会食を控えるのは良いことですが。

|

« 時短以外にも手立てはある | トップページ | 今度こそ、緊急事態宣言には反対 »

COVID19」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時短以外にも手立てはある | トップページ | 今度こそ、緊急事態宣言には反対 »