カテゴリー「COVID19」の16件の記事

2020年6月30日 (火)

消毒と手洗い

東京都の感染者数がなかなか減らない。
夜の店や会食が問題になっているけど、日常でマスクをしていない人が増えているし、スーパーの入店時にアルコール消毒をスルーする人も目につく。
熱中症も心配だからマスクについてはあまりうるさく言うのもどうかとは思うけど、手洗いと消毒はしましょう。

ジョコビッチ主催のツアーで感染者が出て批判されている。
試合だけならテニスのシングルスは感染の恐れがほぼない競技なのに。
なぜパーティをしたがるのか。
パーティでどんちゃん騒ぎをしたがる人が手洗いや消毒だけマメにして参加するわけもない。
せめて消毒だけでもしていたら違ったのだろうけど。




| | コメント (0)

2020年6月26日 (金)

レコーディングエクササイズ

コロナ太りは癪なので、毎日東京都の感染者数の回数をスクワットしている。
Vitalbookのグラフが「都内の感染者動向」のグラフと同じになるという趣向。
だからなんだって話ですが、感染者の増加を他人事ではなく自分事として受け止めることにはなっている。
このところ感染者が高止まりしているけど、別にエクササイズに協力してくれなくてもいいのに。

---
iPhone 5Sと旧SEで使っていたヨガアプリが新SEには入らない。
30秒をカウントするのと実施した分数をカレンダーに記録してくれるので重宝していた。
検索してみたら「筋タイマー」というアプリが自分で設定したタイマーをカレンダーに記録できるということで、今はそれを使っています。
エクササイズの種類で色分けできるし、カレンダーにマークがつくのがちょっと楽しみ。
記録って大事だなと今更ながら実感しています。

| | コメント (0)

2020年6月22日 (月)

ソーシャルディスタンス

外食に行くとコロナ対策で座席の間が空いているので、以前よりも快適。
料理は好きだけど席が詰め込みすぎで足が向かなかったお店に入りやすくなった。
ただ、一部に過剰もしくは見当はずれと思える対策も無きにしも非ず。

2人連れを対角線上に配置するとか、2人席のアクリル板の仕切りとかは必要だろうか。
赤の他人と相席するのでなければアクリル板の仕切りって不要だし、今のこの時期に相席自体があり得ない。
家族もしくは親密な間柄の場合、感染の危険があるのなら外よりも家の中で感染するだろうし。
対策しているお店のほうが安心できるし、しないよりしたほうが当然ずっと良いんだけど、対策するのなら効果的かつ合理的な方法を考えてほしいとも思う。

で、自粛解除で経済活動再開は喜ばしいことだけど、一家総出でスーパーに来る必要はあるのだろうか。

今心待ちにしているのはライブの再開だけど、ライブのガイドラインにもちょっと疑問。
怖いのは飛沫感染とそれに伴う接触感染なのでガイドラインの「2メートルの間隔」って要るのかなと思う。
それを言い出すと通勤電車はNGだし。
手指の消毒とマスク着用と発熱した人の入場を阻止できれば防げると思う。
それと観客の声出し禁止。
もともと観客が声掛けしたり歌ったりするのは好まないほうなので「静かに聴いて拍手」になるのは歓迎です。

コロナ対策としてフェイスガード装着で接客する高級クラブの話題をニュースで見たけど、なかなかSFっぽい光景。
飛沫防止対策なら扇子などはどうだろうか。
アルコールスプレー噴射をマメにして口元を隠せば飛沫をある程度は防げるのではないかと。
それから、野外イベントはシャボン玉を飛ばすとか。
・・・と思って検索してみたらシャボン玉を危険視するブログや書き込みがヒットしたけど、なぜに?
界面活性剤だから次亜塩素水よりも効果はあるし、安全ではないかと思うのだけど。
もちろん道具は共有しないというのは大前提だけど。

| | コメント (0)

2020年6月 7日 (日)

申請書とマスクが来た

定額給付金の申請書が来たので郵送申請。
アベノマスクは10日くらい前に届いています。
いつも付けているサイズより若干大きいかな。
お仕事をされている人たちに感謝。

暑い時期用に保冷剤入れポケット付き布マスクを作成したので、アベノマスクは秋まで取っておこうと思う。
不織布マスクは今の価格ではまだ買う気になれないし、露店のマスクには手を出す気はない。
衛生用品ですから。

| | コメント (0)

2020年5月10日 (日)

ステイ・ホームで鑑賞 2

以前録画していたAXNミステリの「シェイクスピアと私たち」の1,2を視聴。
2は戯曲の内容と創作時の社会的背景を関連付けて解説しているのだけど、これが滅法面白い。
シェイクスピアというとエリザベス治世下に活躍したイメージだったけど、四大悲劇のうち3作品はスチュアート朝になってから。
で、作品の背景とスチュアート朝治世化の社会背景に類似性がある、という。
ハムレットのガートルードとクローディアスはメアリー・スチュアートとボズウェル、というのは目からウロコでした。
一時期でもボズウェルがジェームズ一世の義父だったということを今まで考えたことがなかった。
そしてマクベス。
スコットランド王家でもあるスチュアート朝の支配下で、スコットランドが舞台の話を書いたのはかなり勇気が要ったことでしょう。
この中でマクベス夫人をジュディ・デンチが、マルカムをアンドリュー・スコットが朗読するけど、これが素晴らしい。
こういうのCSだけでは勿体ないのでNHKあたりが流してくれると良いのに。


かように芸術は不要ではない(むしろ必要)。
なくなったら困るけど、不急ではある。
武漢ウィルス感染防止のための自粛が始まって、演劇界の人とかミュージシャンが我先に声を上げてしまったのは些かタイミングが早すぎたと思う。
テレワークの番組を見るに、芸能人は「この人が?」という人でも結構よさそうなところに住んでいるし、裏方のスタッフもまともな企業の形態であれば助成金とかいろいろあって、ブラック企業で補償がないというのはまた別の問題になる。
売れなくてバイトで生活費を補っている芸人や俳優というのもフリーター救済の対象になる。
そういう動きを待って、救済の対象から外れるケースについて声を上げたのなら炎上しなかっただろうと思う。
ただ、平田オリザの発言はいろいろと論外だけど。

| | コメント (0)

で、どうしろと?

内田樹氏『自粛しろ』に違和感…「他人に向かって命じる権利も罰する権利も誰にもない」https://news.yahoo.co.jp/articles/3b7ddac80aea8fefd5c7d9b0756f1a43f0744e23b

権利は大事なんだけれど、それはそれとして、では感染対策についてどう考えているのかってことになると踏み込んだ話をしないのですね。
スウェーデンやブラジルのように「感染者数が増えようが死者数が増えようが規制はしない」という方針を支持します、とか。
でも、外出自粛が徹底されないことで感染が広がったりしたらまた政府を責めるに違いない。

各自が外出を控えて穏やかに(そして早く)ピークアウトするのが一番被害が少ないから「自粛してね」っていうことになっているのだが。

| | コメント (0)

2020年4月27日 (月)

ハンカチマスクとか疑問とか

長らく不織布マスクを再利用していましたが、最近はハンカチマスクを付けています。
シュシュ代わりにしていたバンダナや大判ハンカチが思わぬところで役に立つことになりました。
お裁縫は苦手なので、縫うタイプではなく折りたたみ方式を採用。
洗濯機でがんがん洗えるし、乾くのも早い。

というわけで届かなくても困るわけではないですが、アベノマスクはまだ届きません。
批判的スタンスの芸能人のところに続々届いているようなのがちょっと不思議・・・と思ったら、感染者数の多い新宿区・港区・世田谷区は早く届くのですね。
で、芸能人は世田谷区在住が多い、と。
カビ付着のニュースは捏造という説もあるし、アベノマスクが出回ることで困る人が一定数いるみたいだし、ちょっと疑心暗鬼になってしまった。

麻木久仁子がコロナ受診の待機ルールについて専門家会議に怒っているけど、4日ルールと同時に「高齢者と基礎疾患がある人は2日」と周知されていたと記憶しているし、今はリスクのある人については2日についても撤回されている。
批判するなら、せめて調べてからにして欲しい。
そもそも世田谷区の感染者数が多くなければ感染を避けられたかもしれないし、そのほうが問題だと思う。


感染~肺炎発症~退院した人の経験談がちらほら出てくるようになり、アビガンが効果があることがわかってきたけど、軽症で自宅療養した人の話も知りたい。
37.5℃くらいなら薬で下げる必要はないけれど、38.5℃以上の熱が出た場合にどう対処したのか。
38.5℃以上の高熱が出た場合に市販の解熱剤が効くのかどうか、とか。
でも、なぜだか薬を飲んだっていう報告が見当たらない。
高熱でも何もせずにひたすらPCR検査を待っているのでしょうか。

アセトアミノフェンの風邪薬と解熱剤を用意してあり、解熱剤である程度熱が下がるのなら発熱に過度に不安にならずに済むので、そこのところが知りたい。

| | コメント (0)

2020年4月23日 (木)

「軽症」の解釈のズレ

武漢ウイルスに感染した場合の軽症の定義が混乱している気がする。
自宅隔離で病院に行かなくても治る「軽症」と、
アビガン投与が効果的な「軽症」

医師が「アビガンは軽症に効果がある」という場合、「肺炎の症状のうち軽症のもの」を指すと思うのだけど、それを文字通りの軽症と解釈している人を見かける。
「アビガンを軽症のうちに投与するために早期にPCR検査を」と言う人など。
軽い風邪の症状でのアビガン投与など副作用等を考えたら危険しかないけど。

| | コメント (0)

2020年4月18日 (土)

外出自粛とIT

先日、突然インターネットに接続できなくなった。
iPhoneと固定電話は復旧したもののPCのインターネット接続とWiFiはつながらず、モデムのPPPランプは消えたまま。
引きこもるのはそんなに苦痛ではないけど、ネットがつながらないとなると心細いことこの上ない。
他所でもネットワーク障害が起きているとのことだったので、モデムの初期化方法をチェックしつつ、とりあえずそのまま一日待った。
が、自動的な復旧はなさそうなのでモデムを初期化、パスワードを再設定してめでたく復旧しました。
なお、モデムの初期化は意外と簡単だけど、以前初期化した時に簡単すぎて手順をしっかりメモしておかなかったことを深く反省。
初期化ボタンを押すのにiPhoneのピンが大活躍しました。
サポートセンターに電話せずに済んで良かった。
テレワークが増えているからITサポートも休めない業種の一つ。

ところで、家の中に在宅勤務者がいる時、邪魔しないようにテレビ視聴するのにネックスピーカーとトランスミッター・レシーバーが役に立ちました。
テレワークの会議を邪魔することなくテレビを視聴でき、かつ聴きながら家事もできる。
以前、ちょっとした出来心で購入したものの特に使い道がなかった品たちだけど、出番がありました。

テレビで保健所の多忙ぶりを紹介しているのを見たけど、多忙ぶりもさることながらアナログなのに驚いた。
ホワイトボードフル活用。
番組内でもIT活用の必要性が言われていたけど、まったくその通り。
相談内容をFAQにしたサイトとかアプリを作れば多少は電話応対の負担軽減になると思う、
アプリとかメールとかの手段があっても、電話じゃないと気が済まない人が少なからずいるので、そういう人の自制も必要な気はするけど。

| | コメント (0)

2020年4月 5日 (日)

天は自ら助ける者を助く

行動範囲内の飲食店はきちんと武漢ウイルス対策をしている。
お蕎麦屋は座席のレイアウト変更して入店時に手の消毒を呼びかけているし、居酒屋やカフェはテイクアウトメニューを作っているし、各テーブルにアルコール除菌ツールを置いている店もある。
出来る範囲で対策しているのを見て、心の中でエール。
テレビのニュースに出てくる「自粛で困っている居酒屋」があまりウイルス対策に力を入れてなさそうな店ばかりなのは偶然でしょうか。

「3密」そのものが目的みたいな「接客を伴う飲食業」は如何ともしがたいけど、普通の飲食店は対応次第ではないかと思う。
5人以上のグループの入店を断ることにすれば、クラスター感染の防止になるんじゃないだろうか。
宴会って大体5人以上いる気がするし、4人までなら知人同士かなと。ボックス席におさまるし。


散歩していたら体育館の入り口で6~7人の大人がレジャーシートを敷いて談笑していた。
屋外なので3密ではなく、やや風の強い日なので感染の恐れはなさそうとは思うものの、そうまでして集まりたいということに愕然としました。
クラスター発生のニュースも後をたたないけど、人はなぜ群れて騒ぎたがるのだろうか。

帰省先に向かうらしきスーツケースを持った若い子を見かけるけど、親元だろうが今移動はやめておけと思う。
こういう動きをなんとか止められないかと思うけど、要請が耳に届かないように禁止もたぶん耳には届かない。


| | コメント (0)