カテゴリー「メディア批判」の100件の記事

2019年6月16日 (日)

スケ連と忖度メディア

フィギュア高橋大輔 世界再挑戦へ!まず体絞る「普段から気をつけないと」

この時期に「まず体絞る」にはちょっと驚いたものの、前にも書いたとおり、選手が現役として試合に挑戦するのは自由だと思う。
勝つために真剣に挑むのも、自分探しの一環でも、思い出づくりでも、それは自由。
問題は連盟とマスメディアの対応です。

連盟の「特別扱い」への不信感も強いけれど、それがまかり通っているのはメディアのフィギュアスケートの報道がいい加減なせいもあると思う。
昨季の男子シングルについては、知らない人たちが報道だけを見ていたら、全日本の二位に入る→世界選手権への出場決定→辞退→若手に権利を譲った、と勘違いしても仕方がない。
でも、国際大会に出場してミニマムスコアをクリアすることが必要だと報道されていたら、世間の見方も違っていたはず。
そして、それを報道したところで誰も困ることはない。
選手は然るべき努力すれば良かっただけ。

せっかく試合中継でもTESカウンターを表示するようになったのだから、国際大会の出場資格等のルールについても、もっと詳細報道してほしい。
ちゃんと報道されていたら、安易な若手批判も防げるし。

スケ連会長の橋本聖子議員が現役時代にベテランの域になっても五輪に挑戦し続けたことに対しては、一部で批判する人もいた。
でも、スピードスケートは言うまでもなくスピードを競う競技で、その選考大会で若手に勝ったのだから、これは文字通り「乗り越えられない若手がふがいない」という状況だし、テニスで復帰した伊達に若手が負けたことも然りで、こういうケースで若手の不甲斐なさを批判するのはわかる。
フィギュアスケートには実績を加味する演技構成点があるので、若手もベテランも同一条件で戦うスピードスケートやテニスとは同列には語れないけれど、技術点の基準は設けられているのだから、メディアはそのことをきちんと記事にするべき。

演技構成点については、いろいろ思うところがあるけれど、一概にこれを排せばいいかといえば、そうもいかない。
技術点のみの勝負にすると、フィギュアスケートを見る楽しみが大きく損なわれることになるので。
個人的には、実績を加味するのをやめて、体操のEスコアと同じ扱いにするのが一番すっきりすると思う。

出産後の安藤美姫が復帰した時は、連盟がいろいろ条件を付けた中に技術点も含まれていて、メディアもそのことを記事にしたりしていた。
安藤は出された条件をしっかりクリアした上で全日本に出場したわけです。
高橋大輔の復帰に際しては技術的な条件が提示されなかったのも疑問だし、メディアの報道ぶりも疑問。
こういう時、メディアは頼まれなくても「クリアすべき条件は~」と記事にするのに何故スルー?(浅田真央の時もスルーしていたけど)

| | コメント (0)

2019年5月14日 (火)

パンの耳、白衣の知恵袋

少し前、偶然テレビで見た「トーストの美味しい食べ方」にハマっている。
パンの耳に沿って4辺に切れ込みを入れて焼くというもの。
耳にちゃんと火が通って美味しい。
「きのう何食べた」につられて苺ジャムを作ったら美味しく出来たので、連日苺ジャムトーストを食べている。
砂糖の分量を守ることは大切ですね。

で、久しぶりにテレビって役に立つなと思いました。
そういえば、「ZIP」で放送している「白衣の知恵袋」もかなり有益。

知りたいことがあれば今はネットで簡単に調べられるけど、あくまでも検索してなんぼ。
こういう、情報に偶然出くわす機会があるのがテレビの良いところだと思う。

| | コメント (0)

2019年5月 6日 (月)

アベノセイダース

反アベの人たちが首相及び政権を批判するポイントが、相変わらず「え、そこ?」というものばかり。
「お前が言うな」だったり、まったくの見当違いだったり、政治家全体の問題だったり。
たまに妥当な指摘であっても、チクリとするくらいで後の駆け引きにでも使えばいいものを執拗に追及して時間を浪費したりとか。
(「駆け引きなんてとんでもない!!」ってことなら政治以前に交渉事に向いてない。)
そうすると、多少「なんだかな~」と思っていても、擁護したくなってしまうという。
わざとか?

以前から、昔からの「いわゆる日本の政治家的な言動」を著しく嫌悪する人たちというのが一定数いて、その象徴として安倍総理を叩いている感じがしなくもない。
反感だけは根強いけれど、社会のあるべき・もしくはこうあってほしい形があって反対しているわけでもない。
現政権への不平不満を言うだけなら罪はないけど、「民主党政権のほうがまし」みたいなことを言っているのを見ると背筋がゾッとします。

旧民主とマスメディアは、そろそろまともに反省してみたらどうでしょう。
反省のやり方を知らないのかもしれないけど。
一部メディアの記事は、最早「オオカミが来たぞ」状態です。

---
統一地方選挙の選挙運動期間中、駅前でうっかりチラシを受け取ったら候補者が手を差し出して駆け寄ってきたので、そそくさと逃げてしまった。
選挙運動=握手って、いつから出来た慣習なんだろう。
握手したら好感度が上がったりする人が多いから握手の慣習が出来たのだろうか。
反アベ・反自民の人たちも、旧態然とした選挙手法については疑問はないようです。
候補者がどこの誰であれ、知らない人と握手をする趣味はないんだけど。

| | コメント (0)

2019年3月14日 (木)

誰のための制裁か

ピエール瀧逮捕の一報を知って、最初に脳裏に浮かんだのは見られなくなるかもれない作品の一覧。薬物の影響を心配するのでなく。
自主規制の弊害きわまれりという感じ。
抑止力を理由にドラマの放送中止や映画の公開中止を支持する人もいるけど、薬物に手を出す人が「賠償金が発生するから」と思いとどまるものだろうか。
結局、本人よりも関係者やファンの受ける損害のほうが大きくて、誰が制裁を受けているのかわからなくなっている。
一視聴者としては、なんで一人のために見たいドラマや映画を見られなくなるわけ?と思うし。
抑止力や懲罰なら、別の方法を考えるべきだと思う。
一定期間社会奉仕とか、ギャラの一部を寄付することを義務づける、など。

とりあえず「いだてん」の撮影分は予定通り放送して欲しいです。
前例を気にするのなら黄金の日日の時も出演者が大麻で逮捕されているので同じ対応でいいと思う。

追記:
自主規制の必要性を強硬に主張する人の意見を見ていると、事件によって影響を受けた関係者への配慮が根こそぎ抜けている。
連帯責任を負わせることを「仕方がない」で済まそうとすることが腹立たしい。
また、そういう人に限って映画・ドラマ・音楽への思い入れも薄いしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 3日 (日)

パフォーマンスの場に非ず

ここ数日、東京新聞の望月記者を擁護する記事が連発。
必死さに、腹立ちを通り越して気持ち悪さすら感じる。
なんなのだ、この連帯意識。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190303-00187046-hbolz-soci
菅長官、「政府に都合が悪い意見」を言う東京新聞望月記者だけを無視、妨害。質疑可視化で明らかに
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190302-00010007-huffpost-soci.view-000
東京新聞の望月衣塑子記者を助けたい。中2の女子生徒がたった1人で署名活動に取り組んだ理由とは

望月記者擁護する人たちは官房長官会見の質疑応答を「記者との自由な討論がなされるべき場」と位置付けて論理を展開しているけど、ミスリードもいいところ。

そもそも官房長官の会見は政府の決定事項を伝える場。
質疑応答は発表した内容について齟齬をきたさないためのもの。
一記者が自分の意見を開陳する場ではない。
件の記者はそのことをわかっていないのかと思っていたけど、確信犯だったようで。

https://www.huffingtonpost.jp/2017/09/26/isoko-mochiduki_a_23222953/?utm_hp_ref=yahoo
菅官房長官への追及は「政治や権力に一石投じたい」から 東京新聞・望月衣塑子記者に聞く

最初からパフォーマンス目的だったのか。

一石を投じるといっても、ちょっと考えればわかることだけど、もしも記者全員が望月記者のようなことを始めたら収集がつかなくなる。
会見は官房長官の仕事の一つであって、報道専門官ではなく、一記者のパフォーマンスにいちいちつきあっていたら時間がいくらあっても足りない。
(報道対応の専門官だったとしても、つきあう必要性は感じないけど。)
仮に「官房長官と自由に討論する場」があったとして、そこへの参加資格は誰が決めるのか。
新聞記者を国民の代弁者と認定したことはないし、別に記者に届けてもらわずとも、今なら内閣府HPの御意見・御感想フォームで送ればいいわけです。
そもそも、国民の代表者同士が話し合うために国会がある。
したがって、あらゆる点で望月記者の行為に正当性は、ない。

擁護している人たちは、自分たちが白を黒と言いくるめる行為をしていることを自覚しているんだろうか?

コンサート会場で目立とうとする迷惑な観客がいるけど、この記者をたとえるならばそれかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月26日 (火)

ニュースでSNSを扱うことにルールを

SNSで発信されたことを既存メディアがニュースとして取り上げることについて、そろそろルール化が必要なのではないだろうか。
というか、引用・転載のルールは既にあって、それをメディアが守っていないのが問題なんだけど。


インスタ・FaceBook・ブログからの引用・転載は許可をとる。
SNSの性質上、不特定多数の目に触れることは覚悟の上とはいえ、不特定多数といっても元々何らかの興味を持っているフォロワー及び自主的に検索して見に来た人たちと、マスメディアの記事を見てアクセスした人では性質が違う。


ツイッターについては、その特質からして許可制にしろとは思わないけど、掲載する前に事実確認はするべきだし、ツイッターの応酬を逐一ネットニュースにしなくてもいい。


多方面に噛みついて物議を醸している某芸人の発言をいちいちニュースとして取り上げるのはなんなんでしょう。
事務所とそういう契約でもしているんだろうか。
ビギナー視点にすらなっていないし、ニュースバリューはないと思う。
「わからない」という立ち位置からのアプローチはいいんですよ。
池上彰の番組なども、わざと「わからない生徒役」を置いているわけだし。
でも、「わかろうとしない」のは論外。
首をつっこむタイミングがまた今更なことばかりだし。
これがせめてアラサーくらいまでなら、「子どもだったので(もしくは、若すぎたので)、わからなかったけど、今になって気づきました」というスタンスもわかる。
でも、この人現在アラフォー。
東日本大震災の時点で「いい大人」だったわけです。
震災関連では先輩芸人にも地道に支援活動している人はいるし、それ以外も水面下で粛々と動いている人たちがいるのに、まるで自分が初めて気づいたみたいな騒ぎ方をする。
一体これまで何を見てきたんだよと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月24日 (日)

いい加減にしろよ、NHK

NHKが性懲りもなく新しい韓流ドラマを放送するとのこと。
https://tv.yahoo.co.jp/program/55492829/

この時期に何をやっているんですかね。
放送中のドラマを打ち切ってもいいくらいなのに新ドラマを放送はあり得ない。
しかも主演俳優を呼んで宣伝まで。
断交などの過激な対応は望まないけど、文化交流云々なら民放にまかせておけばいい。
受信料を「強制徴収」しているテレビ局であることを自覚してほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月13日 (火)

メディアネタいくつか

安田純平氏に対する批判、沈静化すると同業者が擁護して燃料投下。
何度も拘束された過去がある「捕まりやすい」という「ちょっと特殊な」性質を持っている人が危険な場所に赴くことへの批判なのに、同業者が「危険な地域の報道全般の是非」に話をすりかえるのは何故でしょう。

これまでも安藤美姫、上野樹里、小栗旬のネガティブな記事には意図的なものを感じてきた。
このところの吉岡里帆関連の記事にも同じような不自然さを感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ZIP

日本テレビのZIPの放送内容がちょっとキモチワルイ。

新大久保の話題で多国籍化を取り上げること自体は良いのです。
でも、その多国籍化したという食べ物の中から、スタジオの試食用に「袋にハングル表記のある食品」を選ぶのは何なの。
これでは「多国籍な街に変わった新大久保」も伝わらないし、徴用工問題の判決が問題になっている時期に無神経でさえある。
出演者のプライバシーの報道などでは過敏に自主規制するテレビが国際情勢及びそれにまつわる国民感情には鈍感なのが理解しがたい。

そして、その翌日の放送はスマホのテレビ電話が手放せない女の子と怪しげなアプリを時間を使って紹介。
この手の番組で、時間を長めに費やしている場合は、実際に流行っているとかではなく「これをプッシュしている」と解釈している。
言うなればステルスマーケティング。
手法自体もどうかと思うけど、紹介したものが酷すぎる。
テレビ電話が手放せない女の子は「最近のトレンド」というには常軌を逸していて、朝の情報番組よりは「月曜から夜ふかし」的ネタ。
「真似しないでね」案件です。
あれがヤラセでないのなら、ほんとうに危ない。
アプリのほうは機能が見るからに怪しいし。
アプリの名前からして胡散臭い。
利用者だという高校生もどこか不自然で、他の人気番組でヤラセ疑惑が起こっている時にこれを出すか?という感じ。

-----
東京競馬場の新しい馬券購入機の画面に英語と中国語の簡体・繁体、ハングルの切り替えアイコンがある。
・英語は事実上の国際語だから必要
・中国語は中国の人口が多いこと及び英語が話せない人が多いから必要
でもハングルはそもそも使用人口も少ない言語で英語・中国語と並べることに妥当性を感じない。
これに限らず、ここ数年ハングル表記を目にすることが増えてきているけど、「ここにハングル表記を」と言い出しているのは誰なのか。
必要性が理解できれば気にならないけど、まったく理解できないんですよ。

ストラスブールのホテルにドイツ語表記があるようなものかなと思ったりもしたけど、隣国といっても地続きのドイツとフランスとは違って海を隔てている。
大体、フランスもドイツ語があるのは隣接しているアルザス地方と、パリではドイツ行きの路線が発着する北駅くらい。
昔からのコリアン街などはともかく、広範囲の公共の場にハングル表記する必要はない。
「必要性を感じられないもの」が増えている状況がかなり気持ち悪い。


韓国の地上波は今でも日本語禁止というのに、NHKのゴガクルが英語・中国語と並んでハングルに妙に力を入れているのもモヤモヤする。
ほんと、言い出しっぺは誰なんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月15日 (月)

不自然なゴリ押し、不自然なタブー

モデルデビューした某国民的アイドルの娘を称賛する記事が鬱陶しいなと思っていたら、早くもネガティブ記事が出てきて、「上げてから落とす」のがメディアの常道とはいえサイクルが早いな。
あの誰得というか、素人目にも逆効果としか思えないやり方に突っ込まずにいられないのはわかるけど。
両親とも芸能人でマスゴミのやり口など百も承知のはずなのに、なぜこんな売り出し方をしたのかが不可解。
容姿を持ち上げるだけでなく、世間の反応まで過大に盛ったら違和感を覚える人が出ないわけがない。
「嘘も百回言えばほんとになる」的なのはマイナスでしかないと思う。

二世タレントの売り方としては「あの子誰?」→「あの人の子どもなのか~」というのが一番理想的な流れ。
宇多田ヒカル然り、杏然り。
七光りがプラスになるのは本人が何らかの形で実力を発揮した後のこと。
・・・実力があることが前提ですが。

まあ、母親が10数年にわたって世間に「料理が上手い」と思わせることができていたから、今回もなんとかなると思ったのかもしれないけど、今はネットの時代。
画像修正技術も上がったけど、それを見破るほうも目が肥えているわけで。
メディアが書き立てるほどでなくても、そこそこは可愛いんだから相応な売り方をすればいいのに。

それにしても、国民的アイドルの子でもマスゴミの餌食になるのは免れないのに、ツッコミどころ満載でありながらネガティブ記事が出ない人たちがいるのが不思議。
某元フィギュアスケート選手とか、テニスのトップ選手の自称モデルのガールフレンドとか。
一体何に守られているんだろうか。

マスメディアは、(何らかの落ち度はあれど)仕事に取り組んでいるタレントや俳優のプライベートをほじくって足を引っ張るよりも、芸能界の底辺にいる怪しげな輩を白日の下にさらすほうがずっと有意義。
まあ、メディアが目指すのは有意義なことではないのかもしれないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧