カテゴリー「メディア批判」の121件の記事

2021年3月21日 (日)

文春はブレインストーミングを知らないのか

五輪開閉会式総合演出統括責任者の容姿侮蔑提案云々の件。

最初にこのニュースを知った時は「まだこんな発言をするのか」と思ったけど、よくよく聞けば1年前の、それもブレーンストーミングのさらに叩き台過程の内輪向けの提案。
会議に出した正式な提案ですらない。
侮蔑的な発言をしてはいけないというのは正論だけど、それ以上にこういう内輪のことがいちいち週刊誌に流れてしまうことが気持ち悪い。
リークしたの、そのLINEのグループにいた人でしょ?
反対なら週刊誌に売らないでその場で本人に言えよ。実名を出して。
内部のリークではないとしたらLINEのセキュリティに根本的な欠陥があることになる。
(LINEは別件で大問題になっているけど)
そして記事にした文春にも呆れた。
文春だって企画会議と、そのためのブレインストーミングくらいするんだろうに(それとも、しないのか?)
オリンピッグはないよなーと思うけど、そういうのも含めてブレインストーミングだし、叩き台の段階で躊躇や忖度したらブレインストーミングにならない。ブレインストーミングができなくなると良いアイデアも出なくなる。
重箱の隅をつつくような報道のせいで世の中の動きが止まることも大いに問題。
フランスのシャルリー・エプドの風刺画が表現の自由の範疇を超えていることもそうだけど、報道の自由も無制限じゃない。
しかも今回のことで実名をだされたタレントも迷惑を被っていて、ほんとに誰得って感じ。

文春はスクープを取る前に記者の基本的な日本語力の向上を図るべき。
勝谷誠彦以降、文章で読ませる記者が出ていない。
文章ではなく調査力を売りにしたいのなら、いっそ調査会社にでも転身したらどうだろう。

| | コメント (0)

2021年3月15日 (月)

的外れな書きっぱなし記事

週刊誌やタブロイド紙のエンタメの記事が的外れなのは今に始まったことではないけど、これは酷い。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/286444
田中圭がTVから忽然と姿を消した!復帰は来年のNHK大河か

1クールドラマに出ていないだけで「TVから忽然と姿を消した」って。。

https://www.dailyshincho.jp/article/2021/03141701/
大河主演を務めても俳優人生は安泰ではない…スキャンダルでその後、パッとしない役者2名

バッとしない役者2名の一人に内野聖陽を上げるとか、「風林火山」後の仕事がなかったことに。
「仁」の坂本龍馬、「臨場」、「真田丸」の徳川家康とか全部なかったことになっているのか。
「真田丸」の伊賀越えなんて「麒麟がくる」の最終回でも話題になったばかりなのに。

こういう記事を書く人って、普段何を見ているんだろうか。
興味がなかったり知識がなくてコタツ記事を書くなら、せめて無難に褒めておけばいいのに、妙にシニカルなことを書こうとするから墓穴を掘る。
そして、何より腹立たしいのは、こういう微妙にイラっとする記事を出しても出しっ放しで、無駄に人の心をかき乱して終わること。
「間違いに気が付いた時の謝罪スペース」とかがあれば多少は溜飲が下がるのに。


| | コメント (0)

2021年2月 6日 (土)

その写真、どうやって撮ったのか

首相の長男に関する記事が出ているけど、こういうスクープが出るたびに疑問に思うのは、「その写真をどうやって撮ったのか?」ということ。
記者はお店にどうやって入店したのか、ちゃんと飲食したのか。
客がよその部屋やテーブルをうかがって写真を撮っていたらめちゃめちゃ怪しいですが。
警察の捜査ならともかく、店が「取材」に協力したのだとしたら信用問題だし。

「報道の自由」の名のもとに隠し撮りが容認されているとしたらとても怖い。
「コロナ禍のさなかに」(といっても緊急事態宣言の前だけど)会食するのが悪いというなら記者たちも同じところにいるわけです。

この記事を最初に見た時「バン活動をしていた長男が 」になっていた。
バント活動って何?と思ったけど、今は「バンド活動を」に直っている。
文春には一応校正する人はいるみたいだけど、掲載する前にチェックしないのだろうか。

| | コメント (0)

2021年1月25日 (月)

やっとピークアウト

このところ東京都のコロナウィルス発症日別グラフの推移を見ていました。
昨年末はピークアウトしたと思いこもうとしていたけど、ここ数日は棒グラフに裾野が出来てきて本当にピークアウトしたと思える数値になってきた。
それから実効再生産数も気にしています。

メディアは相変わらず感染者数をいかに大げさに報道するかに血道をあげている。
「曜日では最多」とか「1000人以上」とか。
そして菅政権のイメージ操作に余念がない。

緊急事態宣言発出
協力店への給付金
罰則付きの特措法改正
入国制限厳格化
河野ワクチン担当相

2Fをおとなしくさせて欲しいし、個人的には賛成でない施策もあるけど、やることはやっている。
それを、やったらやったで後手後手だの人気取りだのというし、会見をすればメッセージ性がどうのと言いたい放題。
実務に長けている河野ワクチン担当相なんて適任なのに。

菅首相批判にドイツのメルケル首相を引き合いに出すのをちらほら見たけれど、演説で民意が左右されるのは危ういことだと思う。
実際、メルケルが情緒的に決めた移民政策でヨーロッパ全体に混乱を招いたわけだし。

「チャーチル」とか「英国王のスピーチ」とか、演説シーンが感動的な映画はあるし、実際に感動もした。
でも、古来より日本は会見や演説で民意を動かす国ではなかったんだな。
演説が多少なりとも世の中の動きを左右したのって承久の乱くらいじゃないだろうか。

| | コメント (0)

2021年1月 9日 (土)

二つ良いことさてないものよ

コロナの感染拡大を政府のせいにするのは違うと思うけど、ビジネス入国を停止しないことには不安があるし、不満がないわけではない。
こういうのは最悪の事態を想定して、性悪説で考えてほしいと思っている。

GoTo政策に一つ問題があったとすれば「感染対策をせずにGoToを利用する人」を考慮していなかったこと、つまり性善説に立って実行してしまったことです。
「感染対策をしっかりして」という前提は何度もアナウンスされていたけれど、聞かない・聞いてない人が仕出かすことを想定しておくべきだった。
ただ、今回GoToで政府を批判した野党・マスメディア・著名人たちが、ひとたび政府が性悪説に基づいた法令を策定したり、政策を実行した時にそれを支持するのかといえば、きっと支持しない。
今度はきっと「人権がー」と言い出すことは想像に難くない。
今月国会に提出される罰則ありの感染症法改正案がどうなるのか注視していきたいです。
https://mainichi.jp/articles/20210108/k00/00m/010/182000c

今日、20時以降の外出自粛を強調しすぎたせいか、「昼ならいいだろ」的な行動をしている人たちが散見された。
外出自粛の目的が感染防止だということをちゃんと認識して行動しろと。
メディアも今度こそは政府批判よりも、そういう人たちの行動を是正する呼びかけをしてほしい。
せめて2月7日までは。

ネット上に「政府が無策」とか「補償をして自粛させろ」いう声があるけど、感染防止目的で自制できない人がお金をもらったからといって行動を控えると思うのだろうか。
議員が会食するから自分たちも宴会をしていいと考える人が、議員が会食しなかったら宴会を自粛するんだろうか。
ほんと不思議。

| | コメント (0)

2021年1月 5日 (火)

いつか来た道

GoTo停止3週間で緊急事態宣言「ブレが凄すぎ」と厳しい指摘 | 女性自身 (jisin.jp)

これで思い出すのが麻生政権へのバッシング。
当時のマスメディアは麻生内閣のリーマンショックによる金融危機への対応をことあるごとに「ぶれている」と批判した。
未曾有の事態に対して試行錯誤は当たり前のことなのに。
金融危機対応を優先して解散を先送りしたら「政権にしがみついている」と批判。
そして、民主党に有利なこと・自民党に不利なことを率先して報道し、民主党に不利なこと・自民党に有利な情報は「報道しない自由」を駆使し、印象操作に明け暮れ、民主党有利に誘導した。

自民党は少なくとも野党だった期間に自浄作用があることを示したし、老害議員も多少は整理した。
当時、整理しきれなかった人たちが今問題になってはいるけれど。
一方、旧民主もマスメディアも悪夢の3年間について責任を取っていないし、反省すらしていない。

| | コメント (0)

限定的・集中的

緊急事態宣言そのものに反対だけど、とりあえず飲食店関連に限定で自分の仕事への影響は少ないようなのでちょっと安心。
といっても、営業時間の時短が有効とは思えない。
客ごとの人数と利用時間の制限とか仕切り・テーブル間隔とかのほうが有効だと思う。

映画館やイベントで感染者が出た話は聞かないし、大人数または大声で話しながら飲食している人のほうが気になっていた。
それから、スーパー入店時に手の消毒をしない人・エレベータ内で会話する人など。
分科会の尾身会長も飲食中の飛沫について言及しているのに、なぜかやり玉にあがったのがGoToトラベルで、出てくる対策は時短と移動制限。
飛沫以外の理由で感染が広がっているのかと思ったら、結局主な原因は飲食中の飛沫らしくて拍子抜け。
飲食店限定なら国が緊急事態宣言を発出せずとも都道府県の知事の権限でよかったんじゃないだろうか。

ところで首相の年頭会見。
有給休暇取得奨励日だったのでリアルタイム視聴した。
政治家に弁舌のさわやかさは求めない(あればいいと思うけど必須ではない)ものの、音声を聴くのはカッたるいので、いつもはテキストニュースになったものを読むのだけれど、マスメディアが信用できないので、せっかくだから生で見ようと思って。
で、内容的には妥当なものだったと思います。
緊急事態宣言の範囲と内容について確認した江川紹子はGJ。
そこが一番心配だったので。
香港のことについても少しでも意識を向けさせるという意味で質問した意義はあったと思う。

特措法改正では飲食店への補償と罰則以外に行動の制限も盛り込む必要があると思う。
もちろん私権制限よりは、呼びかけやお願いで感染を収束させることができるに越したことはないと思うけど、マスメディアはそういうことには甚だ不熱心かつ非協力的で政権批判に終始。
「感染抑制のために国民が気を引き締める」ことが目的なら、政府でなくともマスメディアに出来ることもあった。
折りに触れて感染を経験した人に辛さを語らせるとか。
一部メディアは恣意的に緊急事態宣言発出に誘導したようにさえ思える。
憲法改正とか私権の制限に持っていきたいようにさえ見えるけど、そうしたいの?

夕方のニュースも早速「緊急事態宣言に備えて買い物する客と仕入れを検討するスーパー店員」を報じていたけど、テレビ局は喜んでいるようにさえ見えてしまう。
「やったー、非日常だ!」って感じで。

それにつけても、春先は感染拡大中のヨーロッパにわざわざ出かけて帰国した人たちがきっかけだったし、今回は昼カラオケとか忘年会のために生活が脅かされていると思うと憤懣やるかたない。
個人の意識の問題だけど、このことで政府を批判している人たちは、何をどうしたら感染が防げると思っているんだろうか。
「はーい、マスクをつけまちょうねー」とか「はーい、石鹸でお手手を洗いましょうねー」って政府が手取り足取りするのか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6db69c46cc594609918af1ee1d96a8cd8039c6a9
岡田晴恵教授、緊急事態宣言は今、発令しても「ちょっと遅い…11月に出せば良かった」

だったら11月に言えよというか、この人にとっての緊急事態宣言ってどういうイメージになっているんだろう。
感染がおさまる魔法の呪文ですか?
緊急事態宣言に伴う痛みというかデメリットを一切考慮していないみたいだ。

テレビやラジオはまだしもとして、SNSの発言を記事にするのをそろそろ禁止するか、記事にする時は必ず直にコメントを取る等をルール化して欲しい。
知りたければフォローするか検索すればいいわけだから不要です。

| | コメント (0)

2020年12月22日 (火)

有意義な報道

無駄に煽るだけの報道が多い中で有意義な記事。

https://toyokeizai.net/articles/-/397461
一人暮らしのコロナ感染「自宅療養」マニュアル

珍しく建設的な記事、と思ったら上梓したのはコロナの女王と言われたあの人。
テレビ出演で妙な煽りをするよりも、こういうことを地道に発信すべきだった。
そのほうが感染者数の抑制にもなったんじゃないだろうか。

それから家人が面白いと言っていた記事。
https://toyokeizai.net/articles/-/397366
フランス人が日本に戻って心底感じた「自由」

読んでみたら著者はフランス語会話でなじみのあるドラさんでした。
日本の状況を客観的に見てくれている。
記事中のフランスの状況は胸が痛むけど。

WBSは今日も曜日ごとの感染者数と週単位の実効再生産数を示していた。これも有益な情報。

不特定多数と接する機会が多いからか芸能人の感染のニュースが相次いでいる。
無駄に怖がらず、でも「罹りたくない」という気持ちを高めるためにも、回復した人たちの経験談をもっと発信すべきだと思う。
赤江珠緒の話は非常に参考になりました。

| | コメント (0)

2020年11月16日 (月)

文春砲とワイドショーのダブルスタンダード

またしても芸能人の不倫ネタで文春砲・・・なんだけど、J事務所のKMについてはオールドメディアがまったく騒いでいない。
で、10日前の後輩の退所のニュースがおもむろに流れたりしている。
現在の活動状況だけを考えればワイドショーが取り上げないのはニュースバリューがないからとも思うけど、5年くらい前に紅白で大トリやっていたことなどを思うと、この件だけスルーされるのは釈然としなかったりする。
ワイドショーが今後プライバシーは話題にしない方針ならそれはそれで望ましいことだけれど、同様の件で社会的制裁を受けた他の芸能人に比べて不公平感は否めない。

そこで、テレビ局はこのままこの件をスルーするつもりなら、プライベートな問題で活動自粛に追い込まれている人たちを復帰させたらどうかな。
それならば少なくともダブスタではなくなる。

| | コメント (0)

2020年9月22日 (火)

若者が政治について語る

若者が政治に関心を持つのは良いことだし、それを言葉にするのもいいと思うんですよ。
政治への興味の入り口として政治家の人となりから入るのも、まあ有ってもいいかなと思う。
ただ、読んでいて気恥ずかしいというか、いたたまれなさを感じるようなものはいかがなものかと。

【井上咲楽の本音】菅義偉首相、次の組閣で「メープルシロップ抜きのパンケーキ」作れます?

足りないもの=メープルシロップが何なのか、この文を読んでもまったくわからず、したがって文章全体が何を言いたいのかわからない。
「菅さんの力量を見たいと思います」って、妙に上から目線。
親しみはあってもいいけど、人生経験の差へのリスペクトはあったほうがよい。
こういうのはテレビやラジオで、突っ込んでいる人がいるところで発言する分には通じても文章はそうはいかない。
これでは若者及び芸能人が政治を語ることへのイメージがますます悪くなると思う。
真面目で、普通でいいのに。

辛酸なめ子みたいな文体を目指しているのかもしれないけど、ああいうのは真似して出来るものではない。
変化球の前に直球をちゃんと投げられるようにならないと。
だいいち、政治向きの文体ではないし。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧