カテゴリー「つぶやき」の191件の記事

2020年3月14日 (土)

楽しみたいから

毎年一月末あたりに旅行の計画を立てるのだけど、今年は当然保留中です。
昨年末まではフランスのストライキやデモのほうが心配で、状況が変わらないならイタリアに行こうかと思っていたら、イタリアがまさかの事態に。
ここへきてエジプトやフランスから帰国した人たちの武漢ウイルス感染が判明。
「なんでこの時期に旅行に行く?」と思う一方で世の中が自粛モードになると、尻馬に乗って娯楽そのものをバッシングする人も出てきたりするのもモヤッとする。
そういう旅行に価値を認めない人たちの意見はさておき、旅行が好きで楽しさがわかるからこそ、このタイミングで旅行を強行しても百害あって一利なし、楽しめないのにと思うのです。
ウイルス感染を免れたとしても、名所旧跡も美術館も閉鎖中だから観光の目的も果たせないし、町の人だってフレンドリーじゃないし。
今はさらにそれどころじゃない状況になっているけど。

旅行の計画を立てる時、スケジュールにはある程度の緩みを持たせつつ、現地の情報収集はきっちりしていく。
そうしないと見たいものが見られなかったりするから。
でも、目的の場所が具体的にあるわけではない、「旅行をすることが目的の旅行者」は情報収集をしないので非常に危なっかしい。
(そういえば、20年近く前になるけれど、政府とゲリラが戦闘中で道路封鎖されているイスラエルの教会に「地球の歩き方」を持った日本人カップルが現れてCNNクルーに保護された、ということがありました。)

スポーツクラブも発熱しても運動しようとするアクティブな人が心配なので、月初から行くのを自粛していたところ、クラブから3月一杯を休会にできるというお知らせが来たので手続きしてきた。
休会扱いにしてもらえると利用者としては助かるし、クラブ側も退会されるよりは得ということなんでしょう。
利用マナーとか注意については、聞いてほしい人の耳にほど届かないことが多い。
「大きな声の会話はご遠慮ください」という貼り紙があっても、該当者に限ってその自覚がないから静かにはならなかったりするし。
そういうわけで自衛が必要。

今が我慢のしどころと思いつつ、あまり長く自粛が続くのもストレスが溜まって健康に悪い。
経済活動も滞るし、活発化したウィルスを死滅させるほどの力はないにしても演劇や音楽で免疫力が上がるのは確か。
大阪のライブハウス以外ではライブやコンサートにおける感染が起きていないのですね。
だから安全とは言えないのが辛いけれど、会場の規模や感染防止の設備に厳しい基準(サーモグラフィの設置を義務付けるとか)を設けて、それをクリアしたら開催可能なようにできないものだろうか。
発熱していたり具合が悪そうな人を見つけた場合は問答無用で病院に送り、そのことを事前に告知しておく、というのはどうでしょう。

現時点の不要不急の旅行は論外だけど、スポーツクラブとかライブイベントで怖いのは自分勝手または無自覚な利用者・参加者。
「鏡は横にひびわれて」のバドコック夫人みたいな人。
性悪説による対処が必要だったりするけど、その手をなかなか打てないのが日本だったりもする。
性悪説といっても、それで予防が成功すれば悪人扱いしなくて済むのに。

| | コメント (0)

2020年3月 8日 (日)

かかりつけ

「医療機関を転々とした」というニュースのたびに思うのだけど、なぜ、そんなに病院を変えたがるのかわからない。
子どもの頃のかかりつけの医院は初回と二回目は聴診器と咽喉の状態、三回目で血沈、四回目でレントゲンというのがお決まりの手順だった。
(大体は二回までで治っていたけど。)
だから風邪の症状から風邪以外の病気を疑う場合、最低でも三回は受診するもんだと思っていた。
地元を離れていたりすると、かかりつけというわけにもいかなくなるけど、それでも初診でよほど印象が悪かったら別のところに行くけど、そうでなければそうたびたび医者を変えたりしない。同じところに行く。
いちいち説明するのも面倒くさいし、カルテが残っていたほうが楽だし。
帯状疱疹になった時、通常は発疹が出るまで抗ウィルス剤を出してくれないらしいけど、何度か口唇ヘルペスで受診していたおかげで発疹前に薬を出してもらえて大事に至らずに済みました。
副作用がないことがわかっているから出しやすかったんだと思う。
一回二回で病院を変えていたら医師との信頼関係もできませんよ。

| | コメント (0)

それを書く前に検索しよう

イタリア北部1500万人隔離、美術館など完全閉鎖という記事に関連して、ネットで日本も公的な美術館など閉鎖したらどうかと書いているのを見た(呆)。
国立の美術館・博物館は2月下旬から閉まってますが?
他にも、パチンコと競馬・競輪を規制しろとかいうのも見かけた。
パチンコはともかく、公営は先週から無観客レースで場外も発売していない。
何か意見を書きたくなるのはいいんだけど、何故その前に調べないのだろう。
ネットに意見を書き込むために使っているそのツールは検索もできるから。
調べない人たちが同じ議論を蒸し返したり、陰謀論を書き散らすのには辟易です。

某劇作家が3.11を引き合いに出して安倍政権を批判したのも見ました。
民主党政権の失策ってフクイチの事故の件だけじゃないのだが。
震災前から日本の経済をボディブローのように蝕んでいた。
民主党政権のままだったら、生活の逼迫で演劇のチケットを買うどころじゃない人が続出していたと思いますけどね。
公演の中止・延期が大変なのはわかるけど。

| | コメント (0)

2020年1月 5日 (日)

午後の紅茶と音感

このところ午後の紅茶のCMを見ていないけど、批判の結果だろうか。
音程のズレには敏感なほうで、周波数レベルのズレが気になってしまうけど、日ごろはあまり目くじらたてないようにしている。
気にしだすとキリがないので。
でも、あのCMはちょっと許容範囲を超えていると思いネットで検索してみた。
同様の声が多くて「やっぱり」と。
制作側の狙いは「ヘタウマぎりぎりの一生懸命さ」なのだろうけど、生理的嫌悪につながってしまうのはダメでしょう。
前のシリーズは好きだったんですけどね。
あの音程のズレを視聴者が許容できると思ったのだとしたら、大きな判断ミス。

あのCMに関する記事で「私は全然気にならないんですけど」という「音楽雑誌ライター」のコメントを載っていた。
この手の記事に出てくるライターが実在するかどうかがそもそも疑問だけど、実在するとしたら即刻転職するべき。
あの音ズレはうまい下手ではなく、楽器に例えるならチューニングが出来ていない状態で、それが気にならないような音感の人が音楽の記事を書いてお金をもらうなんてありえないので。

| | コメント (0)

2019年10月 6日 (日)

漢文と中国語は違うんですよ

RAD野田「漢文不要論」に賛否 「本当意味がない」「前時代的に感じる」

現役中高生の愚痴としてなら理解できなくもないけど、34歳か。

中国語は少しかじっていますが、漢文と現代中国語は同じではない。
まず音が全然違うし語彙も違う。
ついでに文字も。
漢文と同じなら、公共の場所にある簡体字の中国語は不要でしょ。

漢文が現在進行形でどう役に立つかはわからないし、書き下し文を正確に書けるかどうかはそんなに重要とは思わない。
でも、若いうちに漢文に接する機会はあったほうがいいと思う。
日本の中学・高校で故事成語を学習していることは、ちょっと誇ってもいいんじゃないかと思うし。
漢字を廃止したどこかの国がいろいろ混乱していることを思えばなおのこと。
それと、幕末の開国で大量の外来語が入ってきた時に役に立ったのが漢文の素養。
当時の翻訳者は子どものうちに漢文の素読とかみっちりやっていたおかげで適切な訳語を考えつくことができたというし、その時に作られた言葉は今の中国でも使われている。

| | コメント (0)

2019年8月31日 (土)

歴史とか漢字教育とか

小学校の教科書から「漢江の奇跡」を削除……韓国の歴史とは「道徳教育」である

 歴史を学べば日韓友好は進むのか 『検定版 韓国の歴史教科書』の困った内容

前から彼の国の人々の歴史認識がズレていると思ったけど、この記事で納得。
「あったこと」を記録するのが歴史なのに、「あるべきこと」に書き換えていたら、そりゃズレますね。
歴史認識以前に、歴史というものの概念が違っている。

日本も鎌倉幕府成立が「いいくにつくろう」でなくなったし、歴史の解釈は一つではないし、時に変化したりもするもの。
でも、さすがに在ったことが無かったことに、無かったことが在ったことになることは滅多にない。あれば大問題になる。
いろいろ批判されている「日本国紀」にしても、書かれている史実自体は嘘とか捏造ではない。
説の取捨選択とか、コピペが多いとか、内容とタイトルが不釣り合いとかで物議を醸したけど。

で、韓国の自国関連の歴史認識が違う理由はわかったけど、他国の歴史についての認識もなんかズレてるような。
ほかの国の歴史に対する無神経はなんなのでしょう。
民族性によるのか、歴史をきちんと学んでいないせいなのか、そして悪意があるのかないのかもわからないけど、とにかく無神経。

日本も教科書の編集方針については、いろいろ議論されてきたけど、教科書以外の説を自発的に読むことが自由であり可能なのは幸せなことだなと思う。
その気になれば漢文だって読むことができる(苦手だけど)。

明治の頃、日本でも漢字廃止とか公用語を英語にすることがが検討されたらしいけど、漢字を残す決断をした先人に感謝したい。

| | コメント (0)

2019年8月 4日 (日)

この世界の片隅にと新しい地図のこと

NHK総合で放送された「この世界の片隅に」を視聴。
積極的に見るジャンルの映画ではないんだけど、でも、記憶に残る、そして残すべき作品だと思う。
そして、「のん」に演技の場と「能年玲奈」の名前が戻ってきますようにと心から願わずにはいられません。
「あまちゃん」における魅力は、演技よりは個性によるところが大きかったんじゃないかと思っていたけど、この映画を見て、彼女の作品の理解力と表現力の素晴らしさをしっかりと認識しました。
うん、女優なんだと。

それから、新しい地図のこと。
そもそもアイドルとかグループへの思い入れはないほうなのでSMAPのファンじゃないし、強く思い入れているメンバーはいない。
ただ、「スマステ」と「ぷっスマ」は視聴習慣に入っている番組だったから打ち切りは残念だったし、不可解でもあった。
視聴率も悪くなかったはずだから。
スマステで紹介されたグッズはいくつか買ったことがあるし、月イチゴローの辛口映画批評は好きだった。
稲垣吾郎はスマップの解散騒ぎより前から、映画やドラマの脇で悪役を演じるようになっていて、俳優としてはアイドル脱却に成功していたから普通に需要があったはず。
なんだかんだと新しい地図の三人は「どちらかといえば比較的好き」かな。

マツコ・デラックスの毒舌の面白さは常識に裏打ちされたものだけど、エンタメ全般の知識や鑑賞力はいまいちだというのは以前から感じていたこと。
自覚しているのか、これまでその関連の発言は少なかったけど(好きな映画等について話しているのを聞いたことがない)、元スマップ三人についてのマンパワー云々の発言が本当だとしたら余計なことを言ったもんだと思う。
そういう言い方されると「比較的好き」くらいでも俄然擁護したくなるし。
「友だちだから味方する」とでも言ったほうがマシだったと思う。

東スポがこのところ立て続けにジャニーズ事務所と吉本興業寄りの記事を掲載している。
吉本興業の会長は誓約書の話が出てきてしまった今、反旗を翻した芸人を干している余裕などあるんだろうか。
メディアも、事務所に忖度した記事を書くよりも、誓約書の件をもっと追求するべき。
それにしても、東スポがここまであからさまに「壁」側に立つようになるとは思わなかった。
以前は「卵」側とは言わないまでも、意表をついて笑える記事を書いていたのに。
東スポ伝説は今は遠くなってしまった。

| | コメント (0)

2019年7月22日 (月)

嘘に対する過敏な反応

嘘を糾弾することを正義と信じて疑わない人は昔から一定数いた。
嘘にもいろいろあって、悪意のある嘘から、切羽詰ってうっかりついてしまった嘘、はたまた人を傷つけないための嘘もある。
でも、嘘に過剰反応する人は、それらを全部一括りにして言い募る。
全部本当のことを言わなかった、くらいのことや、月日の流れで言動に矛盾が生じてしまった場合も「嘘をついた」と決めつけたり。
実社会でも時々厄介だったのが、ネットができたことでエスカレート。
某80年代アイドルのブログに誹謗中傷の書き込みをして書類送検された人も、そんな感じだったのかなと思う。

で、吉本芸人の闇営業問題。
反社会的な会合に迂闊に顔を出したこと、「お金をもらっていない」と嘘をついたことが悪いのは大前提です。
それはそれとして、事務所は何をしていたの?というのが素朴な疑問だった。
実際、所属の芸人たちからも会見すべきという声も出ていたし、会社の責任ある地位の人が一緒に出てきて、嘘をついたことも含めて謝罪して、一定期間謹慎すれば収束しただろうこと。
よくネタにされているピンハネがまかり通っているのも、こういう時のためのマネージメント料のはずでしょ。
それなのに事務所にタレントを守る動きが一向に見られないことが不思議だった。
その挙句に契約解除のニュース。
さらにスポーツ新聞が出所の疑わしいタレントを一方的に悪者にする方向の記事を出したりしているし。
二人の会見は「事務所が仕事をしなかった経緯」がいろいろ腑に落ちたので、たぶんおおむね本当のことを言っているのだろうと思ったのです。

繰り返すけど、道義的には芸人たちも悪い。
でも、犯罪ではないし、ここまで追い詰められるほどのこととも思わない。
それよりは事務所及び事務所の弁護士が仕事らしい仕事をしなかったこと、今の時代にコンプライアンス無視していることのほうが気になる。

追記:
悪意のある嘘=詐欺師、切羽詰まった保身のための嘘=宮迫他、と解釈しています。
なお、ゴシップ誌が間違った記事を出した場合も、「他者を貶める悪意のある嘘」と言えるけど、なぜかあまり問題になりませんね。
芸人たちのやったことの違法性は、ダフ屋からチケットを買うことと同程度だと思う。
どちらも好ましくはないけど、罪には問われない。
で、吉本興業への批判は企業としてのコンプライアンスの問題。
会長が「契約書を作るつもりはない」と断言した時からあきれていた人が多かった。
社長の会見がそれに追い打ちをかけたけど。
ところで、契約書って金銭の配分だけが記載されるわけじゃないんだけど、芸人たちはわかっているんだろうか。

| | コメント (0)

2019年6月23日 (日)

長文とか長編とか

ネット記事のコメント欄を見ていると、時々「長いっ」というレスを見る。
確かに、読んでみて「なんだこりゃ」となるような冗長で見当違いな記事はあるし、それに対して言うのはわかる。
でも、長さを批判するにはあたらないと思われる場合にも「長い」というレスを見ることがあって、それはどうなんだと思う。
わかりやすくコンパクトにまとめることは大切だけど、テーマによってはまとめきれない、まとめてしまうことが望ましくないことだってあるわけです。

そういう、長文を忌避する傾向が強い人は、長編小説など読めないんじゃないかと心配だったりする。
アレクサンドル・デュマとか指輪物語とか。
苦手なのを無理に読むことはないとはいえ、そういう傾向を野放しにして読解力の低い人が増えたりすると由々しき事態。
無理して読んだ後の達成感を味わえないのは他人事ながら残念なことだと思う。

指輪物語を読んだ時、延々と続くホビット庄の紹介と古森の展開に挫折しそうになって、「この先これは面白くなるの?」と愚痴ったところ、既読者に「裂け谷を過ぎたら面白くなる。がんばれ」と励まされた。
実際、裂け谷以降は怒涛の面白さだったけど、古森で読むのを止めていたらその楽しみは味わえなかった。
かといって、古森を飛ばせばいいのかというと、そこでの苦労が後の喜びの大きさにつながるので、お勧めできなかったりもする。

| | コメント (0)

2019年5月23日 (木)

贔屓の引き倒し

便所の落書きを見ていちいち心を乱すのもなんだけど。。。
再結成ライブを見てファンが盛り上がるのはいい。
良いライブでしたからね、実際。
でも、ずっとソロ活動を支えてきたサポートメンバーを貶めるのはいただけない。
永年演奏で食べてきた人たちに対するリスペクトがないのはダメでしょ。
それじゃ贔屓の引き倒し。
好きなバンドの評価を上げたいと思うのなら逆効果だし。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧