カテゴリー「音楽(Popular)」の60件の記事

2017年10月11日 (水)

発音

林修が紗栄子の教育方針にダメだしした件で、思ったよりも林先生への批判があって、いまだにネイティブな発音を身につけることを信奉する人が多いんだなと思った。
発音がどうでもいいとは思わないけど、ネイティブの発音を会得させることを目的とした子どもの早期教育は失うもののほうが多いと思うので反対です。
親が英語を話せるならまだしも、そうじゃない環境で子どもに英語を詰め込んだりすると親子のコミュニケーション不全につながりかねないから。

発音つながりですが、最近、日本人の洋楽カバーの発音をけなしているのを見かけて、ちょっと不思議な気がした。
けなされた対象がかなり発音が上手いと認識している人だったので基準は何?と思ったのもあるし、洋楽カバーって音楽的に好きかどうかは気にするけど、発音がネイティブと同じかどうかにこだわるのはちょっと無粋かなと思って。
「発音が上手い」と思いながら音楽を聴くってどこか違うというか。
スティングのフランス語の発音が上手いかどうかはわからないけど、スティングが歌う「Ne me quitte pas」が好きなのはスティングの声が好きだから。
昔のヨーロピアンポップスも歌手の国籍はいろいろだったし、クラシカルクロスオーバーは、元が英語の曲にイタリア語やフランス語の詞をつけたり​、​英語ネイティブではない歌手が英語で歌ったりと多言語だけど、それぞれ多少の訛りはあるはず。
映画や演劇の分野なら役柄によって厳密な発音が求められるだろうけど、音楽は多少寛容でいいと思うんですよ。
あまりにべたなジャパニーズイングリッシュはさすがにどうかと思うけど、音としての響きを壊さなければいいと思う。
そもそも英語ネイティブにだっていろいろな発音があるわけだし。
例えばバーブラ・ストライサンドはrememberをレメンバーと発音する、とか。

マーニャ・ニクソンみたいに「王様と私」、「マイフェアレディ」、「ウエストサイドストーリー」で英国人淑女、下町の花売り娘、プエルトリコ人の少女と役によって発音を歌い分けたのはすごいと思うので、発音軽視ってわけではないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 2日 (月)

歌わない。聴くの

山下達郎「ライブ中の客の合唱は迷惑」発言、むりやり賛否両論にされた感あり。
否定的意見のほとんどは、おそらく山下達郎のライブに行ったことがない人だし。
終演後に一時的に難聴状態になるような音量のライブでは客の歌声は気にならないけど、達郎のライブはそうじゃないし。
山下達郎、もしくは同様の「歌と演奏を聴きたい人が多く足を運ぶライブ」に関してなのに、勝手に一般化されてもなーと思う。
投稿したリスナーの奥さんが隣席にいて、「あなたの声しか聞こえない」と文句を言うほどの大声で歌ったことが前提としてあるのに、そこを無視しているし。
観客の歌声に迷惑しているのは周囲の客で、だから山下達郎のきっぱりとした物言いに賛同の声が上がったのに(具体的な被害報告と共に)、客の合唱を擁護する人って、迷惑している客のことは無視なんですよね。


以下、個人的な総括。

▽一緒に歌うのはライブの楽しみ
そういうライブへどうぞ

▽演奏だけを聴きたいならCDを聴けばいい
ライブ演奏にはライブならではのグルーヴがあり、それを聴くためにライブに行くわけで、CDとの違いがわからない人、自分の声でせっかくの歌声がかき消されても平気な人こそCDを聴けばいいと思う。

▽アーティストが客の行動を制限するのはいかがなものか
コンサート中に客同士で注意って、相手の反応によっては周囲の人たちに迷惑がかかるかも、とか考えると言えないんですよ。ほとんどが泣き寝入り状態。
だからこそ、「よくぞ言ってくれた」という賛同者が多数いるわけで、そもそも話の順序が逆。

▽歌うくらい大目に見る寛容さが必要
迷惑に感じている人が圧倒的に多い状況で、一人もしくは数人の勝手な行動を我慢するのは寛容さ云々の問題じゃない。
一応音楽評論家を名乗るライターまでがアーティスト(この場合は山下達郎)VS.歌った人という図式で捉えていて、事実誤認も甚だしい。

▽ライブは本来聞き入るものじゃなかった?
確かに1970年代のライブアルバムを聴くと、ギターソロの間に名前を絶叫したり、歌っている間もざわざわしている。
でも、歌や演奏をちゃんと聴きたい人が多かったから、そしてステージ側もちゃんと聴いて欲しいから、「バラードは手拍子しない」とか「むやみに叫ばない」というマナーが定着していったんだと思う。
無秩序な状態に戻す意味がない。

以前にも書いたけど、手拍子や観客が歌うことは「デフォルト禁止」で、必要な時・求められた時だけで良いと思う。カメラのフラッシュと同じく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 1日 (日)

コーラスグループ

先日、リトルグリーモンスターが歌っているのを見かけたけど、コーラスグループにありがちな「順番にメインボーカルをとる」スタイルの曲で、なんでこんなつまらない曲を歌っているのかと思った。
ハモリが上手い子たちなのに、あれじゃ中途半端なソロがいるだけですよ。
コーラスはどうした。
そもそもコーラスを活かすオリジナル曲というのがなかなかないし、作れる人も限られるわけだけど、なんでオリジナルを歌うかな。
既存の曲をコーラス用にアレンジして歌うのもコーラスの醍醐味なんだからカバーを歌えばいいのに、もったいない。

ちょっと前に町のイベントで通りすがりに「今夜もブギーバッグ」のア・カペラを歌っているのが聞こえて、つい足を止めてしまったけど、コーラスやるんならどんどんカバーを歌えばいいと思う。

作る人が限定されるとはいえ、ビートルズ世代の人たちにはコーラスアレンジが好き&得意な人がいるので、そういうあたりに頼んでみてはどうだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1984

しばらく前に録画してあったNHK-BSの名盤ドキュメント 佐野元春「ヴィジターズ」をやっと見た。
思っていた以上に先鋭的なアルバムだったのだな。
日本語初のラップだし。
当時のレコーディングのエンジニアと録音原盤を聴きながら話す場面が面白かった。
「SOMEDAY」のDVDを見た時も思ったことだけど、エンジニアの人の記憶力には驚かされる。
自分のやった仕事のことはこんなに克明に覚えているのかと。

すごいアルバムであることはわかりつつ、でも好きかといえばそうでなく、「すごい」と「好き」が必ずしもイコールにはならないことを実感するとともに一抹の寂しさを感じたアルバムでもあるけれど、1984年にこれが出ていたことが感慨深い。
杉山清貴年表でいえば「ふたりの夏物語」の前年ですよ。

このアルバムの影響で伊藤銀次の作風まで変わって、当時は「私、何聴けばいいの?」と思ったものでした。
言葉とビートは大事なんだけど、「メロディアスな曲が好み」ということを認識するきっかけになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 8日 (火)

音楽と私

原田知世の「恋愛小説2」をiTune Storeでダウンロード後、結局CDを買い直したため(最近このパターン頻発)、「音楽と私」は最初からアマゾンで購入。
「ダンデライオン」と「天国にいちばん近い島」を今の原田知世の声と歌唱力で聴けるのがうれしい。
デビュー当時は音楽活動を続けるとは思わなかったけど、音楽性を見抜いた周囲の人たちも、地道に音楽活動を続けた原田知世も素晴らしい。
いろいろアレだけど、原田知世と薬師丸ひろ子を見出した角川春樹ってすごいな。

「恋愛小説2」は「いちょう並木のセレナーデ」がことに心に染みてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 1日 (土)

キャンプで焚き火

南佳孝の「Blue Nude」とTakibi隊の「Camp」を購入。
「Blue Nude」は「雨に微笑を」をiTunesで買っていたのだけど、iTunesだといろいろ制限があるので、この際CDを買ってしまえと。
「Camp」はTakibi隊の演奏で洋楽カバーアルバムがあるじゃないか、それなら買わねばということで。
「What's going on」とか「A Whiter Shade of Pale」とか、以前から杉山清貴とカバー曲の選択に共通点があったのね。
ライブでは何度も聴いているけど、杉山清貴が歌う「A Whiter Shade of Pale」の音源も欲しいと改めて思った。
「Groovin'」はずっと山下達郎版を聴いていたけど、南佳孝版もいい。日なたの匂いがする感じ。
カバーじゃないけど、「スローなブギにしてくれ」もめちゃめちゃカッコいい。
「スローなブギにしてくれ」は他の人のカバーもいいなと思うけど、「モンローウォーク」は南佳孝の歌で聴きたい曲。
ま、「セクシーユー」とかありますが。

「What's going on」のMother, motherの部分に「まだ、まだ」と詞を付ける杉山さんのセンスは「Gold Finger99」でLivin' la Vida Locaを「燃えてるんだろうか」と訳詩した康珍化みたいで好きだし、アコースティックライブの「世界の終り」の日本語詞も原曲を生かして良かった。
でも、どちらの曲も英語で歌うほうがより好きです。
今回のアコースティックライブで洋楽カバーを日本語詞にしたのは英語が苦手な人への配慮だったけど、英語で歌うのを聴きたい人もいるのです。
っていうか、洋楽カバーの名手のファンが英語の曲が苦手って、もったいない話だと思う。
杉山清貴のファンの世代って、洋楽MTV全盛期を過ごした人が多いはずなのに。
その点、昔のスタレビファンって、要さんがラジオで紹介した洋楽CDを片っ端から買う人がいたりして、素直ではあったな。今は知らないけど。

今年の日比谷野音のゲストが南佳孝ということで楽しみですが、もしも「If I Fell」を歌うことになっても、手拍子は絶対やめてください、お願いします、このとおりです、手拍子向きの曲じゃないんです。。。と心の声。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月11日 (火)

新しい歌、懐かしい歌

映画やドラマから大ヒットが連発していた時代もあったけど、このところはちょっと下火。
レリゴーのヒットはあったけど、サビまで何かわからない曲というのは好きじゃなく(個人の意見です)。
が、今回は「この闇を照らす光のむこうに」と「おとなの掟」をダウンロード。
主題歌ダウンロードは「家政婦のミタ」の「やさしくなりたい」以来かも。
前クールの「恋」もついでに。
恋ダンスありきかなーと思案中だったけど、勢いで。

タイタニックみたいに映画にはまったく興味がない(むしろ嫌い)だけど「My Heart Will Go On」は好きということもあるけど、ドラマも面白かったです。
音楽の使い方が良いと大体ドラマの内容も良い、と思う。

視覚探偵 日暮旅人はエンディングの曲が流れるタイミングが絶妙。
カルテットは初回のドラクエ演奏と唐揚げレモンで録画継続を決めました。
主題歌は椎名林檎の曲も良いけど、「女優で歌手」の良さが生かされていると思う。
「ムーランルージュ」のユアン・マクレガーくらい、といったら褒めすぎかな。

このところCMで小沢健二のカバーとかキリンジのエイリアンズが流れていて、それも好ましい傾向だと思っている。小沢健二も新譜出すし(もう出たのか?)。
個人的にはストライクゾーンではないんだけど、好きだし、JPopの円熟期というか洗練された時期の楽曲なので再び耳にする機会が増えるのはうれしい。
80年代も、もっとクローズアップしてくれて全然かまわないけど。

私は自分の世代の音楽と同時に、親の世代の音楽もそれなりに好きだったりするし、継続性も音楽の良さだと思っていたのだけど、このところ世代間の音楽的断絶みたいなものをうっすらと感じたりしていた。
音楽の断絶以外も、流行っている曲の歌詞の語彙の貧しさも気になって、こういう曲しかウケなくなったのかなと思ったりしていた。
それが、去年あたりにCMがきっかけでスピッツ再評価という記事が出て、なーんだ、聴けばわかるんじゃないか~と安堵した。


私自身はといえば70~90年代の音楽を聴くことに満足しているし、それなりに蓄積もできているから、無理に新しい音楽を聴かなくてもいいと思うのだけど、自分のアンテナが鈍くなったんじゃないかと不安になることがある。
なので、新規に聴く曲があると、自分の感受性のせいではなく、単に好きな曲がないだけだったんだなと確認できて、そこもうれしかったりするのです。
ただ、私の琴線に触れる「新しい曲」の作り手がアラフォーなのは、音楽の未来を考えると心配ではありますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月19日 (月)

Unforgettable

MUSE Christmas Present アンフォゲッタブル・コンサートに行ってきました。
ジャズ・フュージョンの人と杉山清貴のコラボは絶対楽しいに違いないと。
国府弘子については「ピアノ・タペストリー」というアルバムを持っていて、アルバム購入のきっかけとなった曲「すべての山に登れ」を聴くことができてうれしい。
他にEL&Pの「タルカス」をカバーしたピアニストとしても記憶していた人です。平清盛のテーマで盛り上がっていた時だったか。

スペシャルトリオのバックでのリアレンジバージョンの「最後のHoly Night」、「さよならのオーシャン」はもちろん良かったですが、Beatlesコーナーがそりゃもう楽しかった。
客席からのリクエストを即興で演奏というのは、杉山清貴の正しい活用法。
いつか一緒に「タルカス」をやって欲しい。

もう一人のゲストがヴァイオリニストの三浦文彰で、無伴奏ソナタ?にも引き込まれましたが、ピアノとヴァイオリンの「真田丸」を聴くことが出来てうれしい。
最終回の放送前日に生真田丸。

アンコールは全員で「時代」。
杉山清貴が中島みゆきを歌うなんて貴重な機会に感謝、です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月19日 (火)

TBS音楽の日、FNSうたの夏まつり

FNSうたの夏まつりはいつもどおり杉山清貴の出番をチェック。
「さよならのオーシャン」コラボはなかなか素敵な面子でしたが、他のメンバーも上手い人たちなのに、その中で抜群に上手い杉山清貴が素晴らしい。
毎度思うことだけど、もっと歌って欲しい。
冬バージョンの時には、今度こそ「最後のHoly Night」を。

夏の名曲100に稲垣潤一の「夏のクラクション」が入っていて、やっぱりそうよね。
当然のことなのだけど、このところテレビでは「クリスマスキャロルの頃には」が代表曲扱いされていたもので、妙に安心してしまった。

土曜日に放送されたTBS音楽の日は、ぐうぜん見たNOKKO・TRICERATOPSのラズベリーコラボが良かった。
まさか「Raspberry Dream」を聴けるとは。
「Raspberry Dream」の演奏中、司会の中居正広が口ずさんでいるのが映って、ほんとに歌が好きなんだなーと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月10日 (日)

ビートルズ・フェス

NHK BSのビートルズ・フェスを視聴。
トリビュートでは和田唱とアルフィーが良かったな。
財津和夫のバックに伊豆田洋之が参加していたけど、伊豆田洋之が歌う「All My Loving」が聴きたかった。
というか、Dear Beatlesをやれば良いのに。

チャボの「Long and Winding Load」は清志郎を思って歌っているように感じて、ちょっとしみじみ。

スタレビはメンバー揃って出るならア・カペラじゃなくて演奏して欲しかった。
「She Loves You」とか「Oh! Darling」あたり。
バンドのコーラスとしてはスタレビのコーラスは悪くないけれど、ゴスペラーズも出ていたし、スタレビの優先順位はコーラスよりも演奏だと思う。強いて言えば、ですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧