カテゴリー「音楽(SDR)」の22件の記事

2017年9月 3日 (日)

SSK in 宇都宮

SSK in 宇都宮に行ってきました。
駅と会場が離れているのがちょっと心配だったけど、バスの運行がスムーズ。
臨時バスも運行していて帰りの新幹線に余裕で間に合った。
日帰りライブ圏がまた一つ。
バスでICカードが使えるともっと良かったけれど。

ライブ前は餃子を食べて二荒山神社と宇都宮城址を観光と、久しぶりに「ライブwith観光」を満喫。

Toilet


Utsunomiya_futara


予定外というか想定外だったのが暑さしのぎに駅で食べた苺と練乳のカキ氷。
ふわふわカキ氷が人気なのはテレビ等で知っていたけど、ほんとに美味しい。
そして栃木県の苺の美味しさを再認識。

ライブは選曲がこれまでと変化していて、SSKの新局面というと大袈裟か。でも、そんな感じ。
要さんの声と歌い方が戻ったので未知の曲も素直に耳に入ってくるんですよ。
「昔話を繙くように」が良かったので帰宅後iTunesで視聴してみたけど、まだ歌い方に気になるところがある。
スタジオレコーディングよりライブのほうがいいのは以前もそうだったけど、三年前はまだ今の歌い方じゃなかった。
本当にここ最近で急激に戻ったような。

杉山清貴も曲目に変化があって、スタレビの演奏で「KONA WIND」を聴けるとは思わなかった。
それから、今回の「ふたりの夏物語」のベースがなんだかすごくカッコよかったです。
「木蘭の涙」も柿沼さんのベースが入ったバージョンが聴きたいんですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月19日 (土)

チャイチーライブ-U165

根本要還暦記念「チャイチーライブ-U165」に行ってきました。
杉山清貴抜きで根本要を生で見るのは20年ぶり。

このライブは背が低い順の入場。
165cm以上という条件の職業を志望していたら失意を味わったかもしれないけど、そういうことはなかったし、これまでも特に損はしていないのですが、来し方を振り返ってみると「背が低いと得!!」ということもまたなかった。
背が低いことで生まれて初めて得をした気がする。

ライブはほぼ全曲カバーの、言うなれば根本要版ロックユニット。
根本要の音楽のルーツとなった曲をすごい面子の演奏で聴かせてもらいました。
要さんの声も歌い方も、そして自分のルーツの音楽、特にプログレッシブロックに対する思い入れも20年前に戻ったようで、なんだか不思議な気持ちです。
「艶」は好きなアルバムですが、要さんのルーツが詰まったアルバムだったんだなと改めて思った。
41歳で出なくなりかけた声が60歳で声量が戻っていることもミラクル。
まあ、20年前に味わった失望を思うと、あの時にちゃんとケアしといてよという思いは残るけれど。

チャイチーライブから帰宅後、BSフジのKANライブを見ていたら要さんが「わたしゃもう少し背が欲しい」と絶叫していて爆笑。











知っている曲でも「Summertime Blues」がザ・フー版とか、「Honky Tonk Women」がハンブル・パイ版とか、いちいちマニアック。
気持ちの部分でやや背伸びして聴いていたけど、こういう背伸びは好きなのでどんどんやってほしい。
山下達郎リスペクトでブレッド&バターの曲を、には佐橋氏から「なんで達郎さんの曲やらないんですか」とツッコミあり。屈折しているなーと苦笑してしまった。

ところで元々辛口のアコースティック版「木蘭の涙」、機材トラブルはありつつも佐橋佳幸のギターの繊細な音色は素晴らしかったけど、声量が戻った今の要さんの声とは却ってミスマッチ。
SSKでは、そろそろバンド版を聴かせてほしい。
演奏が超クオリティの高い「大都会」を聴くことができたのはラッキーだけど、薬師寺ライブのデュエット版のほうが好き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月22日 (土)

35周年

BSプレミアムでスタレビ35周年ライブを録画・視聴。
スタレビの魅力は演奏力と根本要のボーカルだと思っているので、「他の人のヒット曲を演奏する」というのは好企画。

スタレビメインのコーナーで全員が一曲歌っていて驚いた。
単独ライブを開催できるレベルの歌唱力ならともかく、メインボーカル以外のソロボーカルってこれに限らず誰得って思う。
演奏とコーラスを聴かせてくれるだけでいいのに。
そういえば掲示板にスタレビのスレッドが立つと「スタレビは全員ソロで歌える歌唱力がある」と書き込む人があらわれるのが不思議です。
けなすよりは褒めるほうがいいけど、あまりハードルを下げると、本当に歌が上手い人のことはどう褒めるのかって思う。十把ひとからげでは失礼だし。
「スタレビはコーラスが上手い」なら同意します。

「木蘭の涙をアコースティック版を勧めたのは小田和正」ということが根本要によって語られ、以前ネットで見かけて真偽を確かめたいと思っていた情報が本当であることを確認。
余計なことをって感じ。
それによってスタレビは「名刺になる曲」は手に入れたけど、バンドのアイデンティティが曖昧になってしまった。
スタレビが小田和正と初共演した時、周囲は喜ぶファンが多かったけど、傾倒の度合いが強かったことが個人的にはひっかかったものだった。
腰が低いのはいつものことだけど、かすかに卑屈さを感じてしまったというか。
音楽的にはまったく別のジャンルという感覚だったし、その共演までスタレビがリスペクトする対象としてオフコースや小田和正の名前が挙がったことはなく、背中を追うのなら別の人だと思っていた。
音楽のルーツやリスペクト対象が共通な誰か。
共演者・ゲストの曲をスタレビが演奏するというのはオダレビに端を発しているので(と記憶している)、その点では意味がなかったわけではないけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月10日 (火)

SSKB

年が明けてしまいましたが、年の暮れの神奈川県立ホールのSSKBに行ってきました。
いつもよりやや駆け足な感はあったけど、BSジャパンで放送されるとのことで、ハラショーが映像に残るのはうれしい。っていうか、絶対カットしないでね。
スタレビさん演奏の「最後のHoly Night」が残るのも楽しみ。

去年の沼津から感じていることですが、要さんの歌い方が20年前に戻っていることも喜んでいます。
この日は声自体はややハスキーだったけど、ハスキーなりに正当な声の出し方。
私の好きな根本要が戻ってきた。

ホールは座席の間隔がきつかったのがアレだけど、ブルーライトなヨコハマの夜景が見えたのは良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月18日 (日)

沼津ぬまぬま、SSK

2年ぶりにSSKのライブに行ってきました。
忙しい人たちの集まりだし、定番のプログラムを見るつもりでいたら、何曲か変わっていたのがうれしい想定外。
スタレビの演奏で「最後のホーリーナイト」、聴きたかったんですよ。
スタレビ演奏の「Glory Love」も好きなので、欲を言えば両方聴きたかったけど。

「すべての悲しみにさよならするために」では、また杉山さんが扇風機を担当。
前回は扇風機業務のためにコーラスがおろそかになったのが不満だったけど、今回はしっかりハンドマイクを持っていて、コーラスもぬかりなかった。
KANの「桜ナイトフィーバー」は大盛り上がりで楽しかったけど、ハラショーが見れなかったのはちょっと寂しい気がしなくもない。
KANが要さんの「良いこと言って締めたがり」癖に突っ込んだのはGJ、です(笑)。

スタレビは要さんが96年頃のような素直な発声に戻っていて、この発声で歌うのなら「10月のパノラマ」という選曲も納得。歌い方も素直だったし。
発声と歌い方が戻ったせいかアコースティック版「木蘭の涙」も眉間に縦じわを寄せずに聴くことが出来た。
「バンドバージョンを!!」という気持ちは変わらないけど、発声が一番引っかかっていたんだと実感。
「トワイライトアヴェニュー」もうれしい選曲だったけど、微妙にテンポが遅くてモゾモゾ。
他の曲がテンポダウンしたわけじゃないから意図的に遅くしているんだろうけど、オリジナルのテンポがしみついているので違和感があるのです。

スタレビの演奏で「最後のホーリーナイト」の望みがかなったけど、KTバンドの演奏で「Stay My Blue」を聴いてみたい。
ここ20年の搾り出すような発声と歌い方で「Stay My Blue」を聴くのは怖かったけど、「10月のパノラマ」の歌い方なら大丈夫かなと。

心がきれいで背中に羽根が生えた人たちの「So Much In Love」のサビ(っていうのか)の部分を杉山さんが担当したのも良かった。
これまでは「年長者に花をもたせる」的にサビは要さんが歌っていたけど、声質とか音域で決めて欲しいと思っていたので。
楽器の入らない純粋ア・カペラなのでアレンジ的には山下達郎版が近いけど、テイストはティモシーBシュミットで、歌い手たちの個性によるものなんだろうな。
あ、ティモシーBシュミット版が一番好きなので、すっごく褒めてます。
といっても、達郎版、アート・ガーファンクル版も好きなんですが、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月29日 (月)

君のすべてが悲しい

発声には体幹がしっかりしていることも必要だけど、佐橋佳幸30周年ライブで根本要の姿勢の悪さが気になった。
年は上でも声が出ている小田和正は姿勢が良いから、やっぱりこういうところから違いが出ているのかと。
Char、CHABOもの立ち姿が若かったし。
要さんの声の不調は腰を痛めてバック転をできなくなった頃と時期を同じくしていて、かなり後まで煙草をやめなかったことも悔やまれるけど、そのあたりのケアをもっと早くにしていたらと思う。

そんなことを思っていたところ、先日、TOKYO MXで放送していた六文銭とのライブを見て「トワイライト・アヴェニュー」のテンポが遅いのに愕然とした。
春先だったかのNHK「熱血!おやじバトル」にゲスト出演した時も、出場者への模範演奏(という位置付けで見ていた)にしては微妙だぞと思ったけど、テンポが遅くなっているというのは、かなり由々しきこと。
今年は距離やら時期の問題でSSKに行っていないけど、こんなことになっているとは。
これまでスタレビへの不満というのは、ほとんどは根本要の声と歌い方に対する不満だったのだけれど。

今が不満なら過去の音を聴けば良く、できればライブの音源を聴きたいのだけど、スタレビの場合、ライブを売りにするバンドのわりにライブアルバムが少ない。
ライブDVDはマメに出しているけど、DVDなんてそんなに四六時中鑑賞できるものでもないし、リッピングは手間がかかる。
「ROCK SHOW」から「Keep on rollin'」までのライブベストCDを出してくれたら絶対聴きこむ。
その点、杉山清貴はライブDVDとCDを出してくれるので、ファンの音楽鑑賞事情をわかっているなーと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月27日 (土)

「好き」の理由の種明かし

佐橋佳幸の30周年コンサートと「HIT SONG MAKERS」の故青山純特集を相次いで視聴しました。
どちらも超売れっ子な人なので、登場するミュージシャンの顔ぶれが豪華なこと。

いつもは単純に好きか嫌いかで聴いている音楽だけど、創造に携わった人たちのこだわりとか、自分が音楽を「好き」とか「カッコいい」と感じる理由を知るのは楽しい。種明かし、とでもいうか。
「HIT SONG MAKERS」は、まさしくそういう番組でした。
こういう番組でいつも思うのは、こだわった本人はもちろんすごいんだけど、それを記憶している人たちがいることもすごいと思う。
山下達郎の「クリスマス・イブ」、大沢誉志幸の「そして僕は途方に暮れる」はドラムを意識して聴く曲ではないし、実際にそんなに意識せずに聴いていたけれど、坦々としたリズムでかつ飽きさせないというのすごい(なんだかすごいばっかり言ってるけど)。青山純の刻むリズムは体に染み付いています。

佐橋佳幸の30周年ライブで藤井フミヤの「TRUE LOVE」がこの人のギターだったことを知りました。
他にも「この人と交流があるんだー」というのがいろいろわかったのも楽しかった。
ゲストではCHABOとCharがカッコよかった。
スタレビも出演していて、「ラブ・ストーリーは突然に」のイントロのギターをリクエストするあたりは要さんならではの気遣いに感じられた。

スタレビの出演は、察するに「木蘭の涙」のアコースティック版のギターが佐橋佳幸だったということなのだろうか。
佐橋佳幸のギターは山下達郎のライブで涙ぐんでしまったことがあるけど、その音色をもってしても木蘭の涙のアコースティックバージョンは好きになれないな。
オリジナル(バンド・アレンジ版)のギターなら聴きたいが。
もっとも、バンド・アレンジ版なら要さんのギターで全然不満はないですけども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月21日 (日)

Stay My Blue

テレビを見ていたら徳永英明と根本要が「木蘭の涙」をデュエットしていた。
スタレビの「DEVOTION」に収録されている「元気をだして」は、聴く前の期待値と聴いた後の失望が同じくらい大きくて、要さんは個性的な声なんだから軽く歌ってちょうどいいくらいなのをやけに粘っこく歌われて辟易したのがその理由。
徳永英明がVOCALISTシリーズでカバーしてからは徳永版「元気をだして」をけっこう聴いたけど、要さんの声に求めていたイメージに近かった。
「DEVOTION」がリリースされた頃の徳永英明は今の声質ではなかったので眼中になかったのだけど、世の中わからないものです。
「翳りゆく部屋」も同じく。要さんがもっとサラッと歌っていたら、どんなに素敵だったことか。
徳永英明の「木蘭の涙」はさらりと歌っていて好感が持てたけど、この曲はアコースティックやピアノアレンジよりもバンドアレンジで、という気持ちは変わらない。
まあ、いい加減「木蘭の涙」以外の曲を歌ってほしいというのもあるけど。
いつの間にかスタレビの代表曲みたいになっているけど、スタレビのバラードなら「Stay My Blue」のほうが好き。
「夜更けのリフ」、「君のために」も良い曲なのにシングルとしてプッシュしなかったのが本当に惜しまれる。
自分が作った曲の良さをわかってないんじゃないの?と思えたこともたびたびあった。
「ヒット曲がない」と自嘲するわりに。

要さんが一番デュエットしやすいのは杉山清貴なんだろうと今回再確認。
当人比ではいろいろ不満もあるけれど、他と比べればキーも高いし声量もあるわけで、なかなか人と合わせるのはたいへんそう。
その点、杉山さん相手なら思いきり声が出せるから。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 9日 (日)

SSKプレイバック

今年はSSKのライブに二度足を運んだわけですが、「コーラスワークに励む杉山清貴」「杉山清貴+スタレビの演奏とコーラス」を観にいくのが目的、というのは以前にも書いたことだけど、自分の好きな部分限定でスタレビを安心して楽しむためというのも大きかった。
スタレビというか根本要を。
これも以前に書いたけど、スタレビのライブを楽しむにはいろいろとクリアしなくてはならない障害があるので。
杉山清貴の歌を楽しむことが目的なら、今はことさらにスタレビと絡める必要はないんだけど、杉山氏と根本氏が共演しているのを見るのは好きだし、「杉山清貴を好き(変な意味でなく)な根本要」が好き。
好かれて、ちょっと戸惑っている(ように思える)杉山氏にも心温まるものを感じてしまう。
いつか2人でロックユニットを一緒にやってくれないかというのがひそかな願い。
根本氏はライブ中のハプニングまでも演出したがる人だけど、そういう人には作為的なものとは無縁(に思える)杉山さんは不思議で気になる存在なんだろうなーと思う。

で、毎度唐突ですが、杉山さんが歌う「歳月の果てに」を聴いてみたい。
スタレビのライブで聴きたいと願いつつ叶わないまま足が遠のいてしまった複雑な思いのある曲。
根本氏の声というのはファンにとって(元ファンにとっても)余人に代えがたく、だからこそくどくど愚痴も出てしまうのだけど、杉山さんの歌でなら是非聴いてみたいなと。
歌い方を戻してくれるのなら、もちろん根本氏のも聴きたいけど。

先日、久しぶりに「恋人のままで」を聴いてみたら素直で癖のない歌い方。
いつの間にか、最近の粘っこい歌い方で脳内再生するようになっていたようです。
思えば「楽団」の頃は好きだったわけだから、好きな歌い方で当然なのであった。

続きを読む "SSKプレイバック"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月15日 (土)

SSK ON TV

改めて感想といっても、事前収録を見に行ったわけではなく、会場でもVTRをみただけなんだけど、テレビ東京がこのユニットをテレビで流してくれたことに大きな拍手と感謝の念をおくりたい。
相当評判が良かったみたいで、なんだ、みんなこういうのを望んでたんじゃないのーと、ちょっと鼻をふくらませてみる。
「ミュージックフェア」が元の2組~3組の形態に戻ったらSSKはぴったりなのにと思っていたら、まさかテレビ東京がやってくれるとは。
少子化とか逆ピラミッドというわりに、数が少ないはずの若年層ターゲットの歌番組が多いのは視聴率的にどうなんだろうと思っていた。


欲を言えばアカペラは「The Longest Time」のほうが良かったけど、著作権が厳しいのかこれまでもスタレビがライブでやってもDVDにはなかなか収録されなかったと記憶しているし、ビートルズじゃないとずっこける展開にならないか。
それにつけても、広島のSSKで転ばなかったことをKANにダメだしされた杉山さんと柿沼さんがしっかり転んでいた姿に「立派になって」と目頭が熱くなりました(うそ)。
SSKのほんとの醍醐味はスタレビの演奏+全員の声の融合で、それを一番体現しているのが「すべての悲しみにさよならするために」だと思う。
スタレビの演奏+KANのボーカル+根本要のギター+ほぼデュエット状態で響く杉山清貴の声の、まさしくコラボレーション!!
ただ、あれを「音楽祭」という枠の中でオンエアするのが難しいことは、私も大人なんで理解できる。
番組的にはKANの曲なら「愛は勝つ」だろうし、ピアノの上に立つ様子をテレビで流したりしたら、今まで以上に非難殺到することでょう。
SSKでKANが弾いていたピアノがどこのかは確認できていないけど、録画を見ていたら、生放送で辛島美登里と川嶋あいが弾いたピアノはスタインウェイだったんですね。
スタインウェイの上に載ったら、私も怒るかもしれない。
かといって、風に吹かれることなく地味にギターを弾くのも物足りないし。
ま、大極殿のように別の台を用意すればいいんですけどね。
KANの羽根つき燕尾服(タキシードに非ず)がSSK用の制服のようになっているけど、動きにくいから断念したという平城京的な衣装を大極殿ライブで着ていたら、それが制服になっていたのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)